アリゾナ行き

昨夜の試験勉強、最後は時間切れになって
「とりあえず読んだだけ」のトピックが幾つかあった。

あいにく、そのトピックから数題出題された。
推測半分で答えたが、自信はなく
下手すると、これはナーシングを始めて以来の最悪点かもしれない、と
覚悟していたら…なんと少しだが前回よりよかった。あらら、意外。

正直、難しい試験じゃなかった。
その気になれば勉強、もっとちゃんとできたのに
長い夏休みの生活習慣がいまだに抜けていない、ニマ、マーサ、私の三人の勉強仲間。
なかでも家庭をもたず、一番勉強しやすいはずの私は
のんきにボストンに行ってたりしたし。

でも、実は更に上をいくクラスメートがいた。
彼女は試験前夜の昨夕「これからニュージャージーへU2のコンサートに行くのー!」と
フェイスブックにポスティング。
真夜中にはそのコンサートの写真をアップデートしていた。
勇気あるー。


ナーシングの次の試験は三週間後。
すこし緩んでしまおうと明日からアリゾナへ行くことにした。
空席は今のところ25席あり、私はスタンバイ#1らしい。
カボの会社のベネフィットで、家族(私はまだパートナーなので登録ゲスト)が
無料旅行をする場合、職員の入社年月日で優先順位がつけられる。
カボは飛行歴は長いが、現在のU社に採用されたのはそんなに昔のことじゃない。
空席が僅かしか無い時はプライオリティの高い人たちから席をもらっていくのを
見ながらドキドキと待つことになる。

PHXーNY間の大陸を横断する飛行機に乗ると、砂漠から緑に(そしてその逆に)景色が見事に変化する。5時間近くのフライト中、勉強して、少しうとうとして、目を覚ましたら地上の色がすっかり変わっている。
アメリカってやっぱり大きいのだ。


それでは、行ってきまーす。

砂漠色
0823090835.jpg

真ん中になにか妙な丸いものがあって、道が横切ってるドライレイクの上を
フェニックスに着く40分くらい前に、飛んだんだけど見覚えある?とカボに聞いたら
次に同じ路線を飛んだときにこの写真を撮って「これのこと?」と送ってきた
スポンサーサイト