年越し準備をしよう

カボと一緒にジムで運動した後、図書館に本を返しにいった。
「これからどこへいきたい?」と聞かれ
「ナーサリー!」
半額になっている秋植えの球根をひとつだけと、カボと私はそれぞれ気に入ったお花を1種類ずつ購入。
そして、ナーサリーと同じ方向にあるエスニック食材店へ。

というのも
カボに昨日、日本ではおなじみ健康野菜モロヘイヤの話をした。
そしたら珍し物好きな男は興味津々で
買いに行こう!というのだ。

種から育てればいいんだから~
輸入の冷凍のなんて買わなくたっていいのに!

といっても聞かない。
「育つまで3ヶ月も待ってられない」
好奇心をそそられたらつっぱしる男なんである。

お店の前であたくしの最後のアガキ
「もし7ドルとかするんだったら、買ったらイヤだからね!」
も効果無く

「僕が買うと決めたら、買うのだ!」

3種類、お店に置いてあったものは
どれも$1.49程度だった
P1050803.jpg

は~よかった~~~~~

その後「スプラウト」マーケットへ行った。
残念ながら、カリフォルニアのように新鮮なお魚の店には恵まれていないので
うちでは魚はここかトレジョで買う事にしている。

カボと私の大晦日のディナー食材購入
ロブスターテイルだとか
冷凍ハリバット切り身とか

メニューは未定だがとりあえず食材だけは揃えた。冷凍物だと急いで消費しなくてもいいし。



夕方からカボが延ばし延ばしになっていたフレンチドアのペンキを塗り
私は年末のお掃除(パート1)をした後
速攻で作った夕食は

ずっと作ってみたいと思っていた
シェフ エメリルのシュリンプクレオールと
久しぶりのサラダ。
サラダには我が家のバックヤードの、これまた使い切れそうにないザクロの実をタップリいれて。

Emeril Lagasse
79660_02_Emeril_s4x3_lead.jpg
エメリルのレシピはチキンが多い
そんな彼のレシピの中からペスカタリアンでも食べられる魚やエビのものをいくつか作ってみたが
これまで失敗だったものはない。
で、シュリンプクレオール

美味しく出来た。
給食を思い出させる?タマネギやセロリ、トマトにピーマンが煮込まれたとろっとしたソースは
日本人に受けそうだ!
しかも白いご飯にのっけるってとこがこれまた日本人好み!

でも辛みが足りなかったので
激辛チリパウダーをひとつまみ
瓶からつまんで振りかけたのをすっかり忘れて
目を触ったバカなやつはあたくしです。


義理息子が母親の家に行っていて留守なので
二人っきりの大晦日&新年!
プランは特に無く
明日は大掃除の仕上げをしたあと
ふたりで美味しいもの作って食べるつもり。



東京の友達カップルから
素敵な年賀カードが今日届いた。
カードと一緒に、今年も、
彼らにとってこの一年がどんな年だったか、主な出来事をそれぞれ写真入りで
一枚に上手にまとめたものが入っていた。
思い出を振り返ったり
ご無沙汰している人には一度に近況報告もできてしまう、素敵なアイディア!
やっぱり、相変わらず、粋。
いちいち格好いいんである。この友達夫婦。

日本はもう大晦日。
日本の皆様、どうぞ良いお年をお迎えください!
スポンサーサイト