やっぱりダメでした

先日の公務員の面接。

グループの中で、私以外には誰も新卒はいなかった、というだけでなく
テストはダメだったし
更に、面接では自分のいい所をうまく出せた気がちっともしなかったから
予想はついていたけど、
今日、やっぱり、お断りレターが来た。

内部で働いている人に紹介してもらって、
だからこそ面接まで行けたんだろうに
そのせっかくの機会を、活かす事はできなかった。
ごめんなさい。

諦めてはいないけど、やっぱりね、ダメだとガッカリするわ。
「700件応募したけど仕事が無い」とコメントしていたカリフォルニアの人の事が頭をよぎる。
私だけじゃないんだもんね。前向いていこう。

機長は病休が3ヶ月を越えたので
パイロットのバッジを返却しなければならない。
今日、書留で会社に返送した。
仕事を辞めた訳ではなく、この病気が何か分かって航空局の許可が出たら、復帰もできるのだけれど
本人はこのまま退職する気、満々。

カボが退職したいんなら
そうしてもらいたいけど…
妻が無職のままじゃ、そうもいかないのではないかい?
ごめんよ~…


てなわけで、ずっと家に居るカボは、冬休み中も昨日から
オンラインで短大のソシオロジーのクラスを取っている。

あ、学校と言えば
機長、頑張ってきた日本語クラスは努力の甲斐あって
期末テストは600点中540点だったか、いい点が取れたんだそう。
そして、めでたくAを貰いました!




スポンサーサイト