カボカナダ。わたしおはぎ。

今、行かないと、もう会えなくなる、と
病気の親友Jに会う為に
カボがカナダに行くのはこれで三回目である

Jの奥さん、看護疲れでたいへんなのはわかるが
Jよりも自分のことを可哀想に思って欲しいみたいなとこがある。
話を大げさに言うタイプなのか
今日か明日かの命の様に言うから
周りもそのつもりで計画のやりくりしてカナダに行ったり
間に合うかしら、合ってくれ…とやきもきしてきたのに

そんな感じで
もう何ヶ月かが過ぎていて、これが三度目。

実家は無いとはいえ、妹も友達もいるトロントへ行くのは里帰りでもあるわけだから
わざわざどこかよその街へ行くわけじゃないので、苦痛ではないようだが
なんせ東海岸は遠い。
しかも自分が原因不明の病休中。
その「原因不明」ってのがなんとも不気味で、送り出す立場としては、すっきりしない妻であった。

昨日の朝、カボを空港へ送って行った。
7時半の飛行機に乗るからって5時半に家を出るのは早すぎる。
でもそんな時間でも既にダウンタウン方面へ向かうラッシュは始まっていて、高速は普通に混んでいる。
こういう早起きな生活を週5日している人も居るのだよねー。



今週、私以外には超不評の小豆あんこを煮たのだ。
それで、おはぎ、どっさり作ったのよ

今夜は楽しい独りゴハン。

おはぎディナーだぜ~
ohagi1.jpg


夏に友達が日本から持って来てくれたとっておきの新茶を
これまた彼女からのプレゼントのティーポットで淹れて
あと、自慢のフルーツケーキも焼いたんで
おはぎメイン、ケーキはデザートに。(←御意見無用)

毎日こんな食生活してる訳ではありませんぜ



わたしがボランティアしている病院Bグループ系列の
ウェブサイト求人ページに、最近、

「新卒お断り機能」が付いた。

募集のあるポジションがずらーと並ぶ表をみたら
新卒OK/お断りが一目で分かるようになっている

New Grad
--------
NO
NO
NO
NO
NO
NO
NO
NO
NO
NO
NO
NO
NO
NO

てな感じに
とっても意気消沈させてもらえる。

ごくごくたまに
YES
て書いてあると
すぐに応募が殺到するらしく、半日ほどでその募集は消えてしまう。

私もマメにチェックして、応募しているが
すぐに断られる。

実は
新卒氷河期だけでなく
私に問題があるのかしらね
と思えて来る、今日この頃。

習った事はすっかり忘れてるとはいえど
卒業前に表彰もされて、成績も悪くなかった。だから履歴書の見栄えはそんなに悪くないはず。
とすると

やっぱ
年齢かしらね?

だってね
フェイスブックを見ると
同じく新卒で経験無しの
NYのクラスメート達、どんどん仕事見つけてるんらしいんだもの。
外人学生仲間だったSも
チャイナタウン透析センター
てとこで、ちゃんとRNとして働いている。

これからもしも面接の話が来たら
仕事が始まるのは来年以降になるだろうから、と
また、ぼつぼつ応募を始めたんだけど
手応えは相変わらず無い。

今ボランティアしてるところで雇ってもらえたら、立地的にも最高。
無職の私に心痛めてくれてるボランティア先の職員さんから、
こんど、ボランティア部門の大ボス(職員)を訪ねて話をしてみる事をすすめられた。

それ以外には、インディアン(ネイティブアメリカン)の健康管理をするお仕事に応募してみたわ!
地味で地道な仕事だが、実はそういうの、とっても興味あるのだ、私。
スポンサーサイト