おみやげ披露

昨日久しぶりに会えた友達のHさん。
彼女はいつだって「贈り物上手」な人、と
わたしの昔のホームページの日記にだか、このブログにだかは忘れたが、以前にも書いた事がある。

珍しいものだったり、粋なものだったり、二人ともお菓子好きなのでお菓子がテーマのものだったり、
欲しいなーと私がホームページの日記で言ってたものをこっそり準備していてくれたり。
更にそこに小さなものを添えてくれたりすることもあるが
それがツボにはまる、非売品のコーワ薬品のケロちゃんだったり(私はカエルグッズを集めていた)

なんだか、いちいち、かっこいい。

Hさんからのプレゼントの
今回のテーマは、きっと「東北応援・頑張ろうニッポン」じゃないかしら。

P1040431.jpg
みせびらかしてしまおう

左上から時計回りに

川根新茶

福島の駄菓子セット紙風船付き

号泣必至の「Pray For Japan」の本。

仙台銘菓「萩の月」。

きれいな赤い包みは、義理息子にまでお気遣いいただいた!秘密プレゼント。

そして!じゃじゃーん。私とカボの名前入り、夫婦お箸セット
カボの名前もちゃんとひらがなで入っていてかわいいよ!

機内で読んだから、と添えてくれた雑誌(これもうれしい!)

あーうれしい。
プレゼントも嬉しいし
何年も会ってなかったのに、なんとアリゾナで会えてしまうなんて!

Hさんたちは昔同様、あいかわらず夫婦仲良し。あ~、いい感じ
そして、日本に17年も住んで英語を教えていらした、日本びいきのお義母さんにも紹介してもらえ
お義母さんとはこれからも会う機会がありそうなのでこれまた嬉しい。

カボがフライト中で来られなかったのは残念。
一緒だったら、きっと楽しめただろう。夫婦二組4人の中では一番年上になってしまうけど。



でも
息子にいただいたプレゼントは、まだ渡していないのだ。

私も中身が見たいし、彼の反応が楽しみではあるのだけど、ケジメが先なんである。
今日の夕方、息子は私に「先日の僕の行動は間違っていました」と謝って来た。
でも、本人が悪いと思ったからじゃなくて、フライト先のカボに「義母さん僕の事、何か怒ってるみたいだけど。知ってる?」とか言って
はじめて事情を知ってるカボから非難されたからでしかないのだ。
こういうの、初めての事じゃないし。
謝ればそれで、(行動を改めなくとも)万事解決と思ってるのね。

カボが今夜、息子にいろいろ話をする事になっている。
スポンサーサイト



COMMENT 0