キャスリーンとハングアウト

かぼんちのガラージに時折出現する
ブラックウィドウという猛毒の黒いクモ
Black_Widow_11-06.jpg

これが出ると、カボたちは殺さずにホウキで捕まえて
道を隔てた公園へ逃がしに行く
私が滞在中の先週も一匹いた


ふと天井を見上げたニューヨークのあたくし
wasp.jpg
うごめく黒い点にクギヅケ

もしや
あなたはブラックウィドー??????

ホウキを取ってきてからめとろうとしたら
ツーーと降りてきたこのおかたはクモではなく
ノリノリWASP (命名 by Chacha)
であらせられた

すまんことをした、どうぞ好きなだけご滞在くださいよ
と謝って壁にお戻りいただいたそのわけは
この虫は、人間には害はないだけでなく、ごきぶりをやっつけてくれるらしい
エンサイン ワスプ なのである

ポインティーなお尻を上下に激しくふっている姿は不気味であり、刺されそうでもあり
正直に告白すると、昔は殺してしまった事もあるんだよね
ごめんよ。

さて
本日は引っ越し前どうしても会っておきたい
かわいいかわいいキャスリーンとお出かけ。

まずは卒業証書を引き取るため、約4ヶ月ぶりに学校へ行った
彼女も私も5年以上在籍していたので学校への道のりもなんの違和感も無く、
もう籍が無いという気がしない。

彼女はランチをおごらせて!と言って聞かないので
キャスリーンママと同世代の私には心苦しいが、お言葉に甘えてごちそうになることに。

でもやっぱり収入も無い彼女に払わせるのは可哀想。
日本のパン屋さん「たかはちベーカリー」へ行き
あんぱんひとつ+コーヒーを買ってもらった

このたかはちベーカリーに行くのを私はすごーーく楽しみにしてたのだけれど
期待し過ぎだったかもしれない。
私個人的にはもう行かなくていいや、という感じ。
ケーキやマカロンはおいしそうではあるのだが
何がイヤって、店の中を多数とびまわっているハエがいかんやろ。

イートインスペースのテーブルに座っていても
常に払いのけなければいけない。

もちろん売り物のパンにもとまっており
著しくturned offさせられたのでありました

日系パンなら、やっぱ「ザイヤ」のほうがいいとおもうなあ

とキャスリーンに言ったところ
彼女はそれどこ?と興味津々で
そのままハシゴすることになり
一時間後にはザイヤで
メロンパン(キャスリン)プリンアラモード(あたくし)
をいただいていた

さらにキャスリーンはイチゴショートを2つ購入
どら焼きも購入し
嬉しそうにボーイフレンドの家へ行ったのだった。
あーもう、かわいいんだから。

どういうわけか、キャスリーンとは、もう会えなくなる、という気がしない
会おうと思えば、その6時間後にはもうにこにこする彼女に会えてそうな気がするのだ
スポンサーサイト



COMMENT 0