アリゾナ三日目

昨日の庭から。
からすではなくて、grackle。
日本名、オナガクロムクドリモドキ。(でも日本には居ないようだ)
「ナントカもどき」とかって名前付けられたくないなあ
sohot.jpg
暑い。口とじてられない


さて、カボの家は男所帯で猫がいるけれど基本的にかなり綺麗なのだ。
ただひとつ、食品の管理に隙がある。

「開封後要冷蔵」のしょうがドレッシングがパントリーに室温で立っていたり
冷凍庫にはカボが「買った事さえ覚えていない」という3年くらい前に賞味期限が切れた芋あんまん、
冷蔵室には去年の豆腐、二ヶ月おきに一つは買ってあるような歴代のサワークリームやヨーグルト達など、なかなか怖いものが見つかる。
管理が悪いというより、古いのは知ってるんだけど、罪の意識から「捨てられない」というところがカボにはある。


留守番中、うちにあるものはどうぞ何でも食べてくれたまえ、と言われていることだし
こっそり整理する事にした。
彼の目の前で処分できないものを(ばれない程度に)やっつけてしまおう。

そんな処分計画の一環として
昨日、パントリーを整理中に、期限切れの台湾のおしるこ風スイーツの缶を発見。
賞味期限が切れて3ヶ月。
缶だから大丈夫かも、と開けてみた。
プルトップを「ぷし。」と持ち上げたその音を聞いたとたん、あっしまった、と思った

おっさんの反応、早かったわ。

「うにゃっ♪」

「スモーク(おっさん本名)、違うねん、これは猫缶ちゃうねん!」

早かった。
缶のフタを開けてから
家のどこかで熟睡してたはずの彼が真下に来て私を見上げるまで
いやー、あれは20秒かからんかったね。

どんだけ敏感なんですか!

でもダメよ、おっさん。毎日猫缶だと習慣になってしまうから一日おきくらいにしたいのよ。




今朝は道が空いている時間帯を狙って
お買い物決死隊(ひとりだけど、隊)
決行いたしました。

というのは、車の運転が怖いのよ私。
95年、エルパソでは普通に乗れていた。
友人を乗せてエルパソからデンバーまで往復運転さえした。
そしてエルパソを離れて始まる、実に15年のブランク。

台湾では原付にのっていたし
ニュージーランド、カナダではいつも誰かに乗せてもらい
ニューヨークは車がなくても大丈夫だったもの。

でも、アリゾナに越す事になったら運転できないと困るので、
カボが横に居る時に彼の指導のもと
徐々に練習している。



今回はカボが居ない。

食べ物は(*賞味期限要注意)あるといっても
生野菜や果物がない。
たんぱく源がない。(卵ケースに卵があるけど、いつの物かは不明)

二週間これだとまずいだろう。

で、行きましたわ。トレーダージョーズ。

もし何かあってもカボも居ないし、念には念を入れた安全運転をしないと。
グーグルマップもチェックした。
ランドマークも覚えた。
左折が少なくて済むコースも選んだ。
すばらしいわ!(ばか)

そして無事にお買い物袋三つ抱えて帰宅。

はー緊張した。


figs.jpg
庭のイチジク
赤いから採ったけど、お尻が割れるまで待たないといけなかったの?

wl1.jpg
庭のすいれん。今日は二つ咲いた


スポンサーサイト



COMMENT 0