Charlotte

ブログカテゴリを「旅行」とするのもおこがましいような
一泊シャーロット行きを決行してきた。

昨日の朝、学校に行くときのいつものかばんに下着と洗面用具、勉強セットだけで身軽に出発し、シャーロット(ノースカロライナ州)へは昼前に到着。カボもオーランドから同じ頃に到着して合流した。
IMG_3445.jpg
黄色の帯が入った特殊塗装の機体は私のNYからの便
その奥にはカボ機のしっぽだけがみえる。なんと隣のゲートだったのだ


カボと会うのは、なんと4ヶ月ぶり!
先学期が一番きつい学期なのははっきりわかっていたから、一月末に学期が始まる前に夏まで会えないという覚悟はしていた。ただでさえ英語のハンディキャップで苦労してるのに、一人でなりふりかまわず集中できる環境に自分を置かなくちゃ。さもなければますます苦戦していたことだろう。
これで良かったんだと思う。

久しぶりに会うけどスカイプでいつも顔をみているので、そんなに違和感は無い。
やっぱり目の前で顔を見てゆったりと話すのはいいもんだよー。
夕方、ホテルから車を出してもらってインド料理を食べに行き、帰りは散歩がてら、ぽこぽこ歩いてホテルまでもどった。ロングウィークエンドのダウンタウンにはストリートパーソン以外は誰もいなくて正直不気味だったけど、普段見かけないような鳥を見たりしながらのんびり。
翌朝は11時過ぎの集合で、早起きしなくていいというのがありがたかった。
Donme4s.jpg
カボは今日もまたオーランドへの往復のため別のゲートから出発。
私はニューヨーク便のゲートがある同じターミナルのはしっこで待機し、遠くからカボを見送った。
cptclt.jpg
三連休の最終日で皆が家に帰るため、どの便も混んでいる。チケット予約の人数からみたら私がニューヨーク行きに乗れるかどうかはギリギリだったが、シャーロットの天気が悪かったため乗り継ぎの出来なかった人々がいて、直前にその人々の席をもらうことができた。最後にカボ機の前の窓へ手を振りに行ったら機長は手を振りかえし、コクピット窓のワイパーまでもふってくれた♪

本当は今夜またボストンで合流しよう!と言う無茶な計画を立てていた私達だが、二日後にはまた会えるのだし、それにボストンでは10時間しかレイオーバーが無く、翌日の朝が早いカボに無駄無く休んでもらいたいのでボストン再合流は見送ることにしたのだった。
スポンサーサイト