スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカのパスポート申請その後

パスポートは無事に12月4日にプライオリティメールで到着。
それは心配していなかったのですが、恐ろしいのは、帰化証明書の返送です。
普通郵便で送られてくるので、追跡できません。
いつ送られたかもわかりません。
先週以来、やきもきして待っておりました。
先日、勤め先病院からの郵便物を無くされたばかりでしたから。

USPS(郵便局)の新しいサービスで、
Informed delivery(今日届くはずの郵便一覧)メールがきます。
すごーく手間なことに思えるのですが、スキャンした郵便物の写真が添付されているのです。

usps.png
このような感じ

だから、今日のそのメールで、日本の友達からのクリスマスカードや、
クレジットカードの広告などが届くということはわかっていました。
でも政府からの郵便物の画像はそこにはなく‥
ああ、今日も来ないだろうなーと思う一方で
この郵便局のスキャンサービスは大きな封筒は無視する、乱暴な(笑)サービスなので

ひょっとしたら無視されてるだけかも?

と、少し希望も持ったまま、郵便受けを見に行ったらば‥

ありましたがな!
IMG_3574.jpg

投函されたのは12月4日で、ボストンから来ています。
パスポートはテキサスから来たので、全く違うパスポートエージェンシーから送られています。
そこへ加えてクリスマス前で郵便も遅れているのでしょう。同じ東海岸なのに、8日もかかってる!

何はともあれ、無事に着いてよかったです。

パスポート再発行の方が安くつくのに、そちらを追跡可能な速達にしておいて
帰化証明書のような再発行がボッタクリ価格(555ドル!)の大事な書類を普通の郵便で送るのはやめてほしいですわ。

証明書が戻って来たので、この次のプロセスは、この証明書を持ってソーシャルセキュリティオフィスに出向き
ステイタス変更することです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。