火曜の勤務とモーゲッジ審査。ヘアバンド注文。


火曜日の勤務は、重い認知症の94歳のおばあさんに蹴り上げられること2回。
力も強いし、命中率、高いのです。
蹴られる瞬間、とっさに引いたけどそれでもヒット!
喉と脇腹をやられてグエッとなりました。
彼女は腕を掴んでひねってくるし、若かりし頃は何か格闘技系をやってたんじゃないかしらと思うくらい。

さらに、もう一人の患者さんが混乱して、服を脱ぎ、IVを抜き、尿管を引き抜いた〜!!
中に入ってるバルーン膨らんだまま、無理やり抜いて(号泣)


そうして私が蹴られてたり抜かれたりとイベントフルな勤務を回している間に、カナダのモーゲッジの審査がおりました。
でも、借りられる額、期待していた額よりもかなり少ないんだなあ。
というのも、算出の基礎になるのがカナダでの毎月の収入なので、私の給料は考慮してもらえないのです。
カボの年金だけ。
今の家を買った時はパイロットの収入に基づいた傷害手当が降りていたので
問題はなかったのですが
カナダに越した後の月収は、その時と比べたら、2割弱ほどしかない。
それに「今のアメリカの家を売るまではローンが組めない」という条件もついています。

そこで、モーゲッジの担当の人がカボに言いました。
「僕だったら、まずは家を売ってカナダに越して、賃貸に住んで地域に馴染みます。
そしてカナダペンション(カナダの年金、カボはアメリカに住んでいた期間が長いので額は減りますがそれでも少しもらえます)がもらえるのも待ったら月収が上がるから、その時点で改めて家を探してローンを組みますよ」

カボはあっさり方向転換。
「これからはこの家を売ることに全力投入します」
でも九月の自分のアイルランド旅行は中止しないって。
だからそれまでになんとか形にするんだって。
九月の出発まで、あと一ヶ月と一週間。うーん。

私の火曜日の勤務の話に戻りますが、
勤務終わりがけに、同僚ケリーが
「忘れてた。私のグループの4**室の患者さんがあなたに来て欲しいって言ってるの」
4**?
Hか。五日前に短時間だけ担当した、しょっちゅう病院に入ったり出たりしている、まだ三十代前半の彼女。
えー!私が勤務日なのをなぜ知った!
しゃあないので行きましたよ。
「あらーHさん、まだ退院できてないの?どう?元気出て来た?」
 H「もう少し力ついて、歩けるようになってからだって。」
「そうか。」
 H「私、ヘアバンド欲しい」
「へ??」



あー、私のいつもつけてる、これね。
H「自分で作ったんでしょ。それ欲しい」
「あ、作ったよ。うん。これ欲しいの?」
H「二つ欲しい」

ナヌー

厚かましい‥

私らも人間なので
何も悪いことしてないのに、怪我や病気で病院に来ないといけなくなってしまった人たちにはできるだけのことをしてあげたい、優しくしたいけれど
一方、彼女のように若くして、自分の体を大事にしないで病院に来る人には
看護はきっちりするけれど、優しくしてあげたいとは思わないのです。

ヘアバンド‥
確約はしなかったけど「お断りじゃ!」とも言えなかった気弱な私。
えーい、作ってやるわい!
ミシンを出すついでに、好きな友達にあげるぶんのヘアバンドも一緒に、一気作ればいいや。そしたら作業が楽しくなる。

ミシンといえばお手伝いくん
IMG_7114_20170727191249483.jpg

ヨナちゃんよく働くね
IMG_7116.jpg
 とうぜんでしょ

夜の部も参加
IMG_7137_20170727191245f62.jpg
 
でもちょっと眠たい
IMG_7145.jpg

そこで寝るのはやめようよ〜!
IMG_7139_20170727191243c1b.jpg

こちらはカボがここ数日頑張って建てている、ドライブウェイの入り口の飾りフェンス
IMG_7128.jpg
ほぼできました。柱の上に飾りを何かつけるかも?
スポンサーサイト

COMMENT 8

Chacha  2017, 07. 27 [Thu] 20:28

☆Kikoさん☆

アメリカでの手続きって、市民権のことかな?
指紋取ってから1ヶ月になるよ。まだインタビュー待ち。
勉強はしてないわ〜インタビューの日が決まってから問題の答え覚えるつもり。
カナダに行ってからになるかもしれないね。

家のこと、本当にそういう流れになった時には元ご主人に紹介してね。
ちゃんと準備できるんだろうか‥今日はカボが電気のこぎりで手を切っちゃった〜
夕方、アージェントケアに連れて行ってきた。何があるかわからんわ。

知らない町に越す場合、まずはその町に住んで、馴染んで、土地勘を掴んでから家を探すほうが理想的だよね。
それはわかってたんだけど、引越しが二回になるし、家賃もバカにならないしで
いい家が見つかるなら買っちゃえーってバクチ的な勢いだったのよ。

認知症の人や混乱した人たちにとってナーシングスタッフは悪者というか
酷いことをする敵なんだろうな。だから本気で自己防衛のために戦うんだろうな。
本気だから火事場の馬鹿力が出る。
後数ヶ月、患者に噛まれないようにするわ〜。
破傷風の注射はしてるけどもっと怖いものが多々あるもんね。

Edit | Reply | 

Chacha  2017, 07. 27 [Thu] 20:19

☆りょうこさん☆

認知症の人は本気で戦って来るものね‥予期しないタイミングでくるし。
そして、お年寄りの力の強さにもびっくりしたでしょ?
あああ‥鼻も痛い(涙)骨は大丈夫だったのかしら。

お嬢さんはマニトバなんですね〜!大西洋岸からは遠いですね。寒いだろうな‥
寂しくなりますね。
首相素敵よね!
この国の誰かさんと比べたら、ほとんどの国が素敵か〜(笑)

Edit | Reply | 

Chacha  2017, 07. 27 [Thu] 20:12

☆mogu07さん☆

引き継いだ時に、夜勤ナースが
「この人ね、忍者おばあさんなのよ。困っちゃう」って言ってたのです。
なるほどなーと後で思いました(苦笑)

ヘアバンド患者、優しくしたくなくなる‥
話して三言目にはいきなり「私、ヘアバンド、欲しい。」だったから
え?なんて言った?って聞き返したもん。3回も。
同僚ナースがヘアバンド作って欲しがった時、彼女は少なくとも
「それ、素敵ね。お金を払うから作ってくれない?」って言いました。
そう言われたら「いいよいいよお金なんて!作って来るね」って言ってあげたくなるけど
そうじゃなく「二つ、くれ。」って図々しい‥

えー!moguさんって昔はお菓子の専門職だったの!?知らなかった!
かっこいいな〜!

賃貸となると費用もかかるし、引越しが二回になってしまうけれど
こんな遠くに住みながら、よく知らない街の家を勘で買ってしまうよりも
後悔しない家探しができると思います。
1ヶ月ちょっとで売りには出すけど、移住はもう少し先になるかな‥

Edit | Reply | 

Chacha  2017, 07. 27 [Thu] 19:55

⭐︎ししゅうねこさん⭐︎

前の凶暴おばあさんとは別の人なのよ〜
こういう感じの人、結構来るのよ。自分に当たるかどうかはナースの運だな‥ 
鼻や腕の管を引き抜くのはまだいいけど、尿管のバルーン膨らんだままというのはやばかった。
尿道裂けてまう!!
ヘアバンド患者ね、もし明日彼女を担当しなかったら、そのまま無視しようかと思ってるよ。ヘアバンド作った時は作ったけど、あげる必要ないもーん。

家を売る準備、できるかな。
売りに出すのが九月として、最終的な荷造りは売れてからでいいので、まずは中のペンキ塗ったり外回りのデッキを掃除したりそういうところからやっつけて行こう‥と思ってたところへ今日カボがフェンスを作っていて電気のこぎりで怪我しました(涙)そういうこともあるから、時間は余裕あったほうがいいのよね。

Edit | Reply | 

Kiko  2017, 07. 27 [Thu] 19:30

ねえ〜Chachaさんの方のアメリカでの手続きとかそうなったの? 前から聞こうと思って、聞けずにいたの。 その後どうなった? 進んでる?

一気に家を売る方に転向するのね〜〜。 本当に良ければ、元主人に連絡してみて。 Chachaさんも気軽に話せるタイプだから。 日本人に慣れてるし。 笑 カボさんにもウケると思うけど。 彼もトランプ大っ嫌いだしね。

カナダで家を買う前に借りるのは、良い事だと思う。 そして、そこの土地勘が分かってから買う方に賛成。

それにしても認知症の方って、火事場の馬鹿力が出るよね。 うちのおばあちゃんが、そうだった。 蹴られたりつねられたりするって、怖いよね。 噛まれたら終わりよ。 気をつけて。 後、数ヶ月しか働くだけなんだから。





Edit | Reply | 

りょうこ  2017, 07. 27 [Thu] 11:22

No title

反射神経も必要だとはこの業界に入るまで知りませんでした。私の同僚は鼻を思いっきりパンチされた人もいます。

カナダ行き決定したのですね!うちの娘も9月からカナダです。マニトバなのでChaChaさんのところからは遠いですね。見た目も頭の中もかっこいい首相なので羨ましいです〜!

Edit | Reply | 

mogu07  2017, 07. 27 [Thu] 11:06

認知症は感情も力もコントロールできなくなるんですよね....
命中率が高いって、若い頃にスポーツやってたのかしら(涙)
患者さんとはいえ、お願いがあるの....と可愛くじゃなくて
寄越せ!作れ!みたいな労力を考えない人には優しくできない〜〜
売ってるわよ?と流してしまいそうだわ。
昔の仕事関係を知って、お菓子をチャチャっと教えて?作って?と
言われるようになったから、最近は言わないようにしてますよ...
ヨナちゃん、脱力してて気持ちよさそう。
可愛いな〜

1ヶ月ちょっとで移住は大変そうだ〜
確かに先立つものがあった方が考えやすい動きやすいかもしれませんね。

Edit | Reply | 

ししゅうねこ  2017, 07. 27 [Thu] 07:31

この暴力おばあさんの話は前にも出た人だ、困るけど痴呆じゃしょうがないのかなー
うまく蹴られないようにしないとね
いろいろ引き抜いちゃうのも困るーーー
でも仕事以外のこういう要望押し付けてくる人が一番嫌!
あなたなら作り慣れてるし、簡単なんでしょって思ってるに違いない!
次の勤務に持ってくじゃなくて、もっと時間かけちゃえばいいのにー!

お家のことはまだ二転三転しそうですね
まずは売れか、ま、言ってることは正しい気がするけど・・・
時間が少ないけど頑張って!

Edit | Reply |