土曜日の仕事。

土曜日の勤務は、癖のある患者グループにえらい難儀しましたよ。
同じ患者グループを担当した夜勤ナースのAが
「ここ数ヶ月中で、最低の夜だった!」とのたまうほどのグループ。

五人中の二人は揃って違法薬物中毒で肝炎持ちの同い年。
数種類処方されている痛み止めやら抗不安薬やらを取れるだけ取ろうとじゃんじゃん電話してきます。
むやみに電話して来ないように、彼らのほしがる薬について
次にあげられるのはそれぞれ何時以降、と
ホワイトボードに列記しておくのですが
それでも呼びつける。
でも、そんなのはまだマシなの。

本気で困らされたのは別の二人。
彼ら(と家族)は性格に問題あり。
特にひとりの患者は理不尽で、無礼で、はっきり言って頭も良くない。
自分の身体のことにも無頓着すぎます。家でもお薬は言われた通りに飲まないだけでなく
昨日の朝の血糖値600近い!!!のに、家族を使ってファストフードを病室に持ち込ませて、ベーコンやら甘いソーダやら摂取。
もちろん我々の言うことなんか聞きません。
あまりにも無礼で、回診したドクターも静かに怒ってました。
回診後にドクター電話してきて
「ここにいても意味ないし、本人帰りたがってるから退院させるわ」
でもドクター、このむちゃ高い血糖値はどうします‥?
「ランタス(インスリン)45ユニットを今あげて。」(←で、後はあたしたちの知ったこっちゃないっと)
無礼に振る舞って気分がいいのかどうかは知らんが、ドクターに嫌われたら得なことなんてないのよ。

退院に際し、この患者の大きな傷の手当ての仕方も実際にやって見せながら教えないといけないので、時間がかかります。
一番忙しい、朝のアセスメントと投薬の時間帯なのに。
当然、他の仕事は遅れまくり。
もうひとりの、これまた一癖も二癖もある患者をやっとの事で先に退院させ、
お昼前にこのおばちゃん患者(私より年下だが)をやっと退院させようと書類を患者に読み聞かせてたら
「外科医の先生がカンジダ感染の薬くれるって言ってたのにないじゃん。」
と言い出します。そんなこと知らんわい。
どういうことか確認のために、症状は?いつから?と聞いたらば
「あんた、私の言ってる言葉がわかってないでしょう。わかってない!」
「今すぐ医者に言え。今、すぐ、行け〜!」と大声で言う無礼な態度。
ああ。殴って差し上げたい。
(後で聞いたら、夜勤のAもロシア訛りがあるせいか、私と同じように言われたんだそうです。)

ホスピタリストの先生に連絡するも
「そんなこと、患者から聞いてないわよ。症状あるの?薬出してもいいけど、ちょっと時間ちょうだいね」
先生だって忙しいのです。
そのことを患者に言いに行くとキレました。
「今すぐ薬出しなさいよ!
私はもう帰る準備ができてるの!!」
「あなたが準備できてても、先生が処方箋送るまではダメ。」
「じゃあ!それを実現させなさいよ!」
やってられん。
こやつは自分でIVも抜いてしまってる。

「あなたが今すぐ帰ると言うならどうぞ。ここにサインして。
カンジダの薬の処方箋が薬局に送られてればラッキーだけど、
それでなければ自分で自分の主治医に言って処方箋出してもらいなよね。
さようなら。」

もう帰ってくんなよ!(心の声)

でもきっと戻ってくるのだ。こういう輩は。

この無礼なおばさんの対応だけで全シフトぶんのエネルギーを使い果たした感じなのに
そこから猛烈な勢いで遅れているチャートをやって
その合間にも違法薬物中毒たちから薬の時間はまだか、と呼ばれ
やっと3時過ぎにバナナをかじろうと休憩室で座りました。
10分ほどでバナナを三本(これ私のランチ)食べ終えた時点ですぐに電話がなりました。
違法薬物中毒患者からで
「なんかおくれ」
リストを見たら、彼女の痛み止めや向精神薬の中で、一つだけ
抗不安薬をあげられる時間でした
「今から行くから」と答えてバナナを片付けたら
私とおなじく遅いランチを取っていたセクレタリーが
「ああ、かわいそうなChacha。
朝からあんなに忙しかったのに、やっと楽しみにしてたバナナを食べて一息つけると思ったらこれだもんね」

でも朝のおばさんたちのことを思えば、ドラッグ中毒者たちなんて可愛いもんだわ。
彼女たちを退院させて、その後で受け入れた二人の患者さんも、そんなに大変ではない人たちだったので
シフト後半はずっとマシでした。
一人はとっても可愛いおばあちゃんだったし。

夕方、前夜と同じ夜勤のAが戻ってきて、問題患者たちが退院したのを見て
「あーーーーよかった!
薬物中毒たちなんか、あの二人と比べたらよっぽどマシよね!」
と私が感じたのと同じことを言っておりました。

今日日曜日はお休み。
昨日はカボも半日出かけていて一人ぼっちだったヨナちゃんは、
お決まりで翌日も密着度アップのお膝猫。
IMG_1844_20170220010006621.jpg
写真では見えにくいけど、爪がにょっきり出てます。
切りたいけど左腕を抑えられてる‥
片方の手で爪をニューっと出さないといけないので、片腕だけでは無理〜
スポンサーサイト

COMMENT 2

Chacha  2017, 02. 19 [Sun] 19:22

⭐︎mogu07さん⭐︎

いや、参りました!
薬物中毒の患者には同情はできないし、頻繁な投薬で仕事は多くなるけど
理不尽で無礼な輩と比べたらほんと、マシです。
しかもこの無礼なオバ患者、傷の手当てが嫌な箇所にあったので
見たくないものまで見せられてますますゲンナリでした(悲)

病院で当たり散らす人がいても、ある程度は理解するんです。
特に、何も病気の原因になるような悪いことしてないにもかかわらず、
病気になっちゃった患者さんが、悔しさや怒り、恐怖ややりきれなさで
オーバーウェルムしてるのは想像できるし。だから多少は当たられても我慢する。
でもただのワガママとか自業自得の患者たちは別問題〜!
我々も人間だもの、ムカつくわ。
それにしても、入院中にドクターやナースに喧嘩売るって
なかなかできることじゃないと思う。悪い意味で度胸があるわ‥(苦笑)

昨日のオバもきっとそのうち戻ってくるでしょうね〜なんせ血糖値600。

寝ながらうーんと伸びしたまま、足の指をパーに全開して爪も出てるのはたまに見るけど、普通にしながら爪だけ出して寝てるのはあまり見ないのでちょっと笑いました。

Edit | Reply | 

mogu07  2017, 02. 19 [Sun] 13:26

うひ〜お疲れ様でした〜
薬物患者の方がマシと言われる患者さんってすごいですね(笑)
知り合いの家族がこの手の患者さんと似てるのだけど、自業自得なのに
病院で当たり散らしたり、退院してもまた戻ってくるんですよね....
かといって受け入れ完全拒否には出来ないだろうし....
Chachaさん達はほんとお疲れ様ですよ。

本当だ、ヨナちゃんの爪がチラッと見えてる〜
Chachaさんが離れそうだったらぎゅっと食い込ませる準備かしら(笑)

Edit | Reply |