スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのダイレクトアドミッション、久しぶりのIV

何か大きなことが起きてもそのあと奇跡的に定時、というシフトが続いていたのですが
昨日は残業でした。

昨日も普通に忙しく、退院が三人あったけど、退院手伝いのナースがいたので手伝ってもらえたし、
グループ自体も痛み止めの頻度は高いけど、そう悪くないグループだったのです。
そして私の次の受け持ちになる患者は、トランスファー患者を回すね、と言われてたのに
3時半にやっとランチをとって、戻るなり、チャージが言いました。

「あなたにダイレクトアドミッションくるよ。ごめんね‥」

なぬー
トランスファーとちゃうんかい

ダイレクトアドミッションは、通常の入院と違って
救急室を経由せずに医師のオフィスから病棟へ直接やってくる患者さん。
救急室でやってくれるインタビューとか、
家で飲んでる薬のリスト作りとか、
IVアクセスのスタートとか、
安定させるための投薬とか
諸々の手続きを全部、病棟でナースがやらなくちゃいけないの!
オフィスのドクターがコンピューターに入力するまで、入院のオーダーセットがないので
痛み止めをあげたりさえもできないんですわ

幸い、この患者さんは、気さくで、しかもネコ好きのおばあさん。
インタビュー始める前からお互いの猫の話で盛り上がりましたよ。
医師のオーダーが出てなくて待たされても「痛いんだよーなんとかしろ!」とわめくような人ではなくて
ニコニコして、感謝を忘れない人でした。さぞかし足が痛むだろうに!

夕方の忙しい時間で、投薬もあるし、他の患者さんにも呼ばれて途切れ途切れになりながらも
なんとか入院インタビューを済ませ、恐怖のIVスタート。

ビビりましたよ。
と言うのも、数をこなしてナンボのIVスタートなのに
恥ずかしながら、なんとここ半年くらい(!!)私、IVを自分でスタートする必要がなかったのです。
忙しくしている私の代わりにチームリードがやってくれたり、新規入院の患者も救急室で既にスタートしてくれてあったりで、機会がなかったのでした。

おばあさんは言いました。
「あなたはIVが上手な人かしら。こんなこと言ってあなたを怖がらせたくないけど、私、静脈がロールするのよね。ほら、このアザ。こないだもね、オフィスのナースがうまく採血できなくて何回も刺して、結局ドクターにやってもらってたわ。それと、朝から吐いてたし何も飲んでないから、たぶんかなり脱水してると思うの」

ヒーー

誰かすごく上手い人探してこよかな、という私に
「あなたにできるよ!練習しなくちゃ!」
と患者さん。
道具を揃えてる時に通りがかったナース歴の長い同僚Yに
「もしよかったら、見ててくれる?ずっとやってないんだ」
と言うと彼女は
「私も苦手なのよ、ずっとやってないし。でも一緒に行こう」
と言ってくれました。

結果、一発成功〜!!!

よかった。やり方、忘れてなかった(苦笑)

おばあさんも「ほら、できるって言ったでしょ!あなたのこと誇りに思うわ〜!」と
私のためにすごく喜んでくれたし、もちろん私も嬉しかったな。

その頃には夜勤も出勤してきてて、先にレポートを送ってから
溜まったチャートをやって、8時半退勤でした。


スポンサーサイト

COMMENT - 2

Chacha  2016, 05. 20 [Fri] 20:49

☆Kikoさん☆

Kikoさんも一週間お疲れ様!
しかしこの雨、よく降るよね。週末の予定は?マイリー君見に行ってあげるのかな。

褒められたり喜ばれたら、素直に嬉しい!そのあと、残業してても気分はよかったよ。
ラッキーソックスで願をかけても、何か起きる時には起きちゃうので
やるしかないのです(苦笑)でもちょっと嬉しいことがあったら頑張れる!

Edit | Reply | 

Kiko  2016, 05. 20 [Fri] 08:58

患者さんに褒められると一番嬉しいよね。 元気を貰えるね。 Chachaさんのお仕事は、本当に何が起こるか分からないから、どんな時ももうやるしかないよね。 

ご苦労様です。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。