従姉Kちゃん

今朝早く、父からスカイプがありました。
ここ数日すれ違いで、仕事中に着信歴があったりしてたのですが、やっと話せたのです。
メインの用件は、小学校の同級生Tちゃんから実家に電話があって、
当時の担任の先生を囲んで集まりたいので、その相談したいから電話してほしい、とのメッセージを伝えてくれました。
「それとな。」と父が真面目な顔になりました。

「Kがな、食道がんで、来週手術や」

Kちゃんは従姉妹だけど、Kちゃんのお母さんは私の母の異母姉になり、うんと年上の従姉。
毎年、祖父のお墓詣りに家族で来ていたので馴染みがあります。子供の頃には遊んでもらいました。
最後に会ったのは、2012年に帰国した時。

本人は電話で「ステージ1だから大丈夫」と気丈に話していたとのことだけれど
父がまた術後にアップデートをしてくれるそうです。

今年の日本帰国ができるなら今回も10月下旬頃に帰れれば、と思ってたけど、早めるかもしれません。



昨日の夜中2時のベッドルーム。
ヨナちゃんがブラインドをバシバシ叩くので、カボがそっとブラインドから外を覗くと
べべ子ちゃんがベッドルームの窓枠に乗っていました。
地面からは高さがあるのに、彼女はそこがみんなが寝ている部屋だと知っているのです。
ヨナちゃんのブラインド叩きにもべべちゃんは動じず、カボが追いはらうまでそこにいたようです。
根性のある猫です。べべちゃん。



実はちょっとがっくりきてまして‥
このままでいいのかしらと自問してみたり、そうかと思うと、もうどうでもよくなったり。
プチうつ??

一つ一つは実にくだらないことですが、がっかりとショックの積み重ねで
人とシェアするのも気が咎めるけど、悶々イライラしていては良くないので
今夜、非公開のブログ記事を一本書いて、そこに吐き出して、気持ちを落ち着けました。
いつか自分でそれを読み返した時に
やーね、しょうもないことでクヨクヨしちゃってアタシ!あほらし!
と思えるといいな。

ストレス溜まると、顔に、特にえらや顎の周りに痒い大きなブツブツが出るのです。
今回も気前よく出てまっせ〜〜 
今夜は口の横にまで出た!やれやれ。
スポンサーサイト

COMMENT 4

Chacha  2016, 05. 14 [Sat] 19:33

☆Kikoさん☆

今日もカボとお散歩してる時に、前庭の南天の下にべべちゃんが潜んでて
ヨナちゃんの家なのに我が物顔で「シャー!」とか言ってきたので、カボが追い払ってヨナちゃんが追いかけて行ったとカボが言ってました。いつもうちの庭のどこかに常駐してるのかしら。

従姉の事、ありがとうございます。元気になってくれると思うのです。強い人だし。
それでもやっぱりかなり不安だろうと思う。心穏やかに手術を迎えて欲しいです。で、よくなってもらいたい!まだ67歳だし!

小さなことが積み重なって、相手を尊敬できなくなってしまうのが怖いの。配偶者を尊敬できなければおしまいでしょ?
こちらにも非はあると思うし、イライラさせてることもあるだろうからお互い様なんだけど。
仕事は、仕事だからこそ割り切ることもできるし、どこに行っても何か嫌なことはあると思うし、さらっと流してやってかないといけないのかなとは思うけどね。職場への愛着というか忠誠心というのがすっかりなくなってしまったわ。目の前の患者さんだけ大事に思って、患者さんのために頑張るよ。

Edit | Reply | 

Kiko  2016, 05. 14 [Sat] 12:37

べべちゃん、怖いわ・・・。 猫って何か特殊な物を持っているって言うじゃないですか。 猫の怨念? 違うか・・・。 ベベちゃん、ヨナちゃんが羨ましいのよ。 

従姉妹さん、良くなるといいですね。 ステージ1でも手術は、手術だし。 元気に回復するのみです。

そっか・・・働いていれば色々あるだろうし、夫婦一緒にいれば色々有るだろうし。 イライラする事だってあって当然だよね。 一つ一つの悩み事など小さくても、積み重なると大きくなるじゃない。 ブログで言えないことだって有るよ。 私は、友達に話して、いつも解消してます。 

話ならいつでも聞いてあげるよ。

Edit | Reply | 

Chacha  2016, 05. 14 [Sat] 10:14

☆mogu07さん☆

ありがとうございます。
いとこの手術は日本時間の木曜日だけど、入院は今日からなのだそう。
父は来週あたりに様子を伺いに行くようです。
ステージ1で大丈夫だと思いつつも、きっと心配で不安で怖いと思うのです。
術後の治療計画などまだ何もわかりませんが、どうか回復してもらいたいです。

一番の謎は、なんでべべちゃんに、たくさんある窓の中で、どれがベッドルームの窓かってわかるんだろう??
サンルームなら外から丸見えなので、ヨナちゃんがいるのがわかると思うのだけど
ベッドルームの窓はブラインドもかかってるし、明かりも消えてるのに。
猫を超えた何かを感じます‥そう思ってべべちゃんを見ると、賢者のような顔してる(笑)

言葉にすると気持ちの整理にもなるけど、関連する夢も見たし、今朝またぶり返しちゃった。
ヨナちゃんにお腹フミフミしてもらって悪い空気を抜いてもらうのがいいかしら!
ママがくさくさしてるのわかるみたいで、
いつもよりも頭ゴンゴンして、歯を当てる程度のジェントルな甘噛みして好き好き〜!ってやってくれましたよ。

ひょうたんの種の袋には「ジャンボひょうたん」と書いてあるので
どこまで大きくなるのか見ものです。手のひらサイズはまだベイビーなのは確か!

タグ付け、くだらないと思いつつもちょっと引っかかってしまいました。
私ともう一人のナースの二人。私一人だけだったらますます微妙だっただろうな。
フロアのために頑張ろう、という気はなくなりますが、患者さんのために頑張ります。
患者さんには100%で接しますよ!看護師やってるのはマネジャーのためではないもの。
そして、いつかあのブラックなフロアを華麗に去ってしまうんだから〜〜

Edit | Reply | 

mogu07  2016, 05. 14 [Sat] 04:21

大丈夫、だけどやっぱり癌となると心配ですよね。
Kさんの手術が無事に済み、元気に回復されますように。

べべちゃんたら窓枠に!
ヨナちゃんにペシペシされてもベッドルーム覗き込むだなんて大胆(笑)

悶々としてる事を言葉にして、話して、吐き出すのは大事だと思いますよ。
内に溜めちゃうともっと膨らんじゃう。


↓手のひらサイズでも、もう立派なひょうたんだ!
皆がタグ付けされてるのに、自分がされてないと「ん?」と勘ぐっちゃいますよね〜
それならタグ付けしなければ良いのに、それともわざとか?って。

Edit | Reply |