夏頭

クリニカル一日目。
とはいってもまだ病院には行かず
学校で点滴や注射や検査、といったスキルの復習と、
木曜にテストがある算数の復習をした。
…相変わらず、苦戦する人々。

これ、4年生の算数よ!と教授も言ってたから
アメリカでも小学生レベルだったんだ。
それで、なぜ理解できないんですかい。

教授
「看護師って数学オンチが多いよ。でも
現場に出たらびっくりするかもね。ドクターも結構間違えるから、
だからこそ私たちナースがチェックしないと!」
って。
医療事故の何割かは算数の間違い?
ドクターがミスを犯して処方し、そのミスを見逃して投薬しちゃったら
それはナースの責任なのだ。
こわいこわい。

はーーーー。
勉強に、いまいち本気が出ない。来週には最初の試験があるというのに。

昨日ボストンに行ってた私はもちろん
クラスのみんなも、まだあまねくボケてるみたいで
3ヶ月の休み明けなんてボケて当たり前なんだ!と
開き直らせてくれたのな。

ヘパリンの皮下注射サイトをあげてみて、と言われて
黙ってればいいものを
「デルトイド。」
と筋肉注射の一番覚えやすい名前を平然と言った、
某クラスメート、なごませてくれたわ。

でもほんとに肩に注射したら、あかんよ。
スポンサーサイト