好かれ嫌われ、連勤終わる。無駄に長いです。

連勤はしんどかった!

初日の木曜日は、悪いことに、チームリードが(前にも書いたが、私を嫌っていると思わしき)A。
チャージナースとは別に存在し、困っているスタッフの手助けをして
全体の流れをうまくやるのがチームリードの役目。
チームリードがいることの代償は、
助っ人がいるのだから大丈夫、と、一人のナースあたりの仕事が重たくなることだ。
そのリードがAだもの。
これでは、いい日になるはずはない。

木曜日、私の担当するグループはacuityの高い重たい5人グループだったのに
朝イチにPACUトランスファーを受けたので、さっそく6人になった。

その6人目の患者さんはTURBTの術後で、つまり継続して膀胱をイリゲーションしなければならない。
Setup-for-irrigating-the-bladder-or-catheter.jpg
これ、気ぜわしいんだ!
頻繁に部屋に入ってイリゲーションの液の残量チェック、袋が終わったら即座に次の袋に切り替えないといけないし、
出てくる液の溜まるバッグはすぐにいっぱいになるが、それを空にして記録しないといけない。
尿の袋を空にするのは通常はエイドがやってくれるのだけれど
このイリゲーションの場合はエイドには頼めず、ナースが自分でやらないといけないのだ。

朝からそれだもの、まだ他の患者のアセスメントも投薬もしていないのに!
いつも以上にキリキリ働いているのに追いつかない。

いちいち時間がかかることがたくさん発生する。
テレビが故障したとか、そんなことまで私に振ってくる!
それなのに、
病状はあまり重たくないが、やたらとドラマティックでニーディーな患者が(精神疾患歴あり)
あれやこれやと呼びつけて話を長引かせる。
この患者を午後4時ごろにやっと退院させることになり
さっさと済ませようとIVを抜いたり準備をしていたら

 あなたはジーザスを知っているか!

私んち仏教徒ですから、と受けた私がうかつだった。

 彼は私たちの罪を償うために死んだのだ!
 ブッダはあなたのために死ななかったでしょう!
 祈るだけで天国へ行けるのよ!愛よ!

えんえんと語ろうとするので腰を折るタイミングを探すのに苦労した。
ただでさえ、宗教の話は受け答えにこまるのに。

で、残りの5人。
アルコール中毒の一人を除いた残り4人全員に
どういうわけか、とっても好かれましてね。

その一人、30代の女性患者が
「あなたのスーパーバイザーを、ここによこして。」
と言った時は
ヒ〜、と
恐れおののいたのだけれど
部屋に来たダイレクターに
「あなたに知っておいて欲しいの。このナースはね、すばらしいわ!!!」
 彼女は、あと一手間をかけることを惜しまない人。
 衛生にもきちんと気を使う、安全なナースなの!他のナースはそうじゃないわ!
 彼女の素晴らしさは認められるべきだと思ったの!」
ダイレクターもニコニコで
「彼女はグレートナースよ!私たちも彼女がだーいすき!」
ダイレクターは普段はオフィスに詰めているから私の仕事ぶりなんか知らんだろうに
グレートって、嘘っぽいな‥と思わんでもなかったが
褒められてるんだからいいやな。

お腹の手術をして大きな傷口がある、気難しそうなおじいさんも
木曜の夕方、傷の詰め物の取り替えをしていたら
「きみはよくやってる。忙しくてもちゃんと丁寧に傷の手当てをしてくれて、
 きみが私にしてくれたすべてのことにありがとう」
と言ってくれた。
翌日の金曜にもまた
「昨日の夜のナースはあまりよくなかったんだ‥
 彼女のやり方は好きじゃない。あなたはとてもいいナースだ。
 ちゃんと心を配っている。また明日も私の世話をしてくれませんか」
と!
おじいさんはあまり微笑まない人だけど、言葉には心がこもってた。
わたし、明日は休みなんです、と言った時のがっかり顏が辛かったが。

先に書いた膀胱のイリゲーションの患者さん、この人とその奥さんが、もう
素晴らしい性格の人たちで
この部屋に行くと自然に笑顔がこぼれちゃう。
それなのに奥さんは
「あなたの、その、笑顔‥なんて綺麗な笑顔をもっているの! それに、すばらしいパーソナリティだわ」
相手の笑顔を作っているのは自分たちが素敵だからだ、という意識がないんだから、もう。

彼ら、特に旦那さん(患者さん)は私の関西系のアホなノリに大喜び。
患者さんはドイツ系のイカツイ名前なのに
ぜったい関西人の血、はいってるやろ?という絶妙な受け答えだった。
優しくって、陽気なこの人たちだが、
ガンと向き合い、辛いことも不安なことも少なからずあったはずだ。
それを乗り越え、沈み込んだりネガティブになったりせず、素晴らしい性格でいられるなんて、
敬服させられる。
この患者さんを担当して二日目の昨日の朝、一旦家に帰って病院に戻ってきた奥さんから
小さな袋を渡された。
「これ、あなたに、と思って持ってきたわ。娘が作ったの。手作りピーナツバターチョコファッジよ!
 後で食べてね」
そして患者さんは子供用のご褒美シールを取り出して
「これもあなたに!」
IMG_0087_20150913015850220.jpg
「よくできました」ってとこかな

この患者さんは午後に退院していったのだが
「あの、ハグしてもいいかな?
ほんとに、ほんとーに、ありがとう。あなたに出会えてよかったよ」
と、ぎゅーとハグしてくれた。
あんなに忙しくなかったらもっと一緒に過ごしたかったな。

仕事量の多くなる人たちけど、患者さんのパーソナリティには恵まれていた。

で、問題は、チームリード。
魔の木曜日。
チームリードのAは忙しい私やスーザン(同僚ナース)を助けてくれるどころか
座っておしゃべりしたり、
自分のスケジュール交換をするために一人のナースと一緒にコンピューター画面をいじくってたりで
ムカついたスーザンは一言言ったらしい(えらい!)が
「そしたら、A、私に怒ったわ。で、助けてもくれず、
 シフト交代後に”あなた大丈夫〜?もうすぐ終わるわね?”と先に帰ってったわよ」
のだそうだ。
私も、患者を一人退院させて、やっと手のかかる傷の手当て(二人分)と、チャートができる、と
4時過ぎに、まず一人分の傷のドレッシングチェンジを済ませたら
Aが次の患者を持ってきた。
仕事の様子、遅れてるかどうか、いま患者を受けられるか、そういうことも聞きもせずに
患者の名前の書かれた紙を一枚、突き出す。
A、あんたチームリードでしょうが?

チームリードは患者を一人も受け持っていないのだから、
チームメンバーがアワアワと困ってる時には新入院の手続きや投薬を手伝ってくれる立場だ。
そのオファーも何もない。

「私まだ大きなドレッシングチェンジやらなくてはならないし、
イリゲーションの患者もいるのに」と小さく言うと
すごい冷たい顔で睨みつけ、何も言わずに去っていった。

翌日が休みなら多少の残業は平気だけど、そうじゃないのに
こんなんじゃ夜10時まで残業になりそうで、泣けたが
結局この患者は検査を先にすることになったのでシフトチェンジ直後にやってきたため
私は入院手続きをしなくて済んだ。
それでもスーザンと私と並んで残業し、8時半ごろに病院を出た。
スーザンも私も連勤なのに。
翌日金曜日の朝、チームリードの欄に
「エンジェル」と書かれているのを見た時は
スーザンと私は
「今日はいい日になるわ!」
と狂喜した。
エンジェルは人が困ってるのをほっとけないタイプで
助けてくれるにしても、とことん、できるだけのことをしてくれる。
エネルギッシュに動き回って、患者の部屋まで覗いて目配りしてくれる。
私もいろいろ助けてもらった。
チャージがトランスファー患者を夕方にアサインしてきた時も
「だいじょうぶ、私がレポートも受けるからあなたはまず自分の患者の世話をして
傷の手当てしてる時にレポートの電話が鳴っても出なくていいからね!」
そのあとも一人のおばあちゃん患者のIVがダメになって、
シフトチェンジ直前なのにスタートする暇がないというとき
エンジェルが
「私が一つ見つけてくるよ!だいじょうぶ!」
とキラキラした目で言い、IVスタートしてくれた。
お礼を言って謝っても
「何言ってんの!謝る必要ないよ!おばあちゃんの静脈、ゴージャスだったよ!」
「忙しかったね。今日はもっと助けてあげられたらよかったんだけど」
とまで言う。
エンジェルとはそんな人。

それでもたまったチャートを片付けなければならず、8時過ぎまで残業したが
前日とは疲れも気分も大違い。
サポートされてることを感じられる日だった。

スポンサーサイト

COMMENT 2

Chacha  2015, 09. 13 [Sun] 16:53

☆Kikoさん☆

Aから嫌われてるからだと思うんだけど、同僚のスーザンからは
それは違うよ、個人的な事じゃないよ、と言われました。単にビッチーなだけかしら。

患者さんのために仕事してるので
聞き流せるだけの度量をもたなくちゃね。
でも負けそうな時はうちのフロアに来ていっしょに戦って〜〜!

体調悪いみたいだけど、その後どう? 週末ゆっくり休めてるといいんだけど。
私も喉がちょっと怪しかったので
さっそく、いただいたローカルハニーをTAZOのWild sweet orange teaに溶かして飲みました。
ホットレモンならぬホットオレンジで美味しい!
ありがとう!!!!

Edit | Reply | 

Kiko  2015, 09. 12 [Sat] 19:51

ご苦労様です!

読んでるだけで、大変さが伝わってきて、チャージナースのAさんを宿敵にしている私です。 今度、私が、そちらへ行って文句言ってあげるわ。 英語での喧嘩は、負けません。 でも、良い患者さんたちに恵まれるとやりがいが出来ますよね。

ちゃんとご飯食べてね。 水分も補給してね。

Edit | Reply |