モケモケ草

「キャタピラ(毛虫) プラント」とカボは呼ぶし
「モケモケ草」と私に言われたり
勝手に付けられた名前がたくさんありそうなこの子
IMG_8623.jpg
タグに書いてある本名はChenille plant/Fire tails

いかにも猫の興味をそそりそうな形だけど
ヨナちゃんは無視。
このモケモケに限らず、鉢植えの植物では遊ばない。
鉢で育てた猫草でさえ食べない位だ。
だから誤飲の心配もなくてよろしい。

これ、水やり表示によると
湿った土壌を好むらしく、
かつてアリゾナでこれを買い
屋外で育てて失敗したのも説明がつく。

毎日のように水をやっているので普段は元気なのだけれど
今朝見たら、今まで見たことがないほど
グニャグニャに萎れていた。
早朝から仕事で、ゆうべ帰ってからもへっとへとで
水やるの、忘れちゃってたものね。
ごめん。
たっぷり水をやったらお昼にはすっかり元気に。よかった。

昨日9時すぎまで残業し、ヨレヨレになって帰宅して
シャワー浴びて、10時過ぎの遅い夕食をとり
眠って、のんびり過ごして、ようやくお昼にほぼ回復した
私の姿を見ているようだわ(笑)

そうなの、昨日も激務だったの(涙)

入院患者は、ほとんどが病院内の救急室からやってくる。
ダイレクト・アドミッションは
救急室からではなく、ドクターのオフィスから直接病棟へやってくる入院。
それは我々受け入れナースにとって一番手間がかかるんである。
救急室ではある程度の聞き取りをしてくれているので
家庭で飲んでいる薬のリストもすでにできているし
IVアクセスもすでに確保されている。
血液検査やx線などの各種テストもすでに済ませてあることが多い。
でも、ダイレクトアドミッションだと、それがないので
全部自分でやることになる。
また、救急車ではなく自力で運転してやってくるので、患者がいつ現れるかもわからない。

そんなダイレクトアドミッションが
昨日の午後に来た。
気難しい太った患者の巨大な傷のドレッシングチェンジなどで
忙しかった前半の勤務にできなかったチャートを、
いざやろうと思った矢先のことだった。

もうひっくり返ったわよ。
それなのに
同じタイミングで他の患者が胸の痛みと呼吸困難を訴えて
rapidを呼ぶほどじゃなかったけど
その関連の処置や検査をオーダーして
しっちゃかめっちゃか。

ああ疲れた。

同僚のジェシカも私同様のひどい1日を送ってたようで
レポートを終えた後、二人並んでコンピューターに向かい
もくもくとチャート。

ジェシカは翌日も出勤なのに
9時過ぎに私よりほんの少し先にチャートを終え
帰ろうとして
「何か手伝えることある?」と一応聞いてくれる。
チャートは助け合えないから答えがノーだってことはみんなわかってるけど、
それでもヘルプをオファーするのとしないとでは大違い。
「はよ帰って寝なさい!」と送り出した。

私はチャートの後
さらに、incident report(事故報告書)もファイルしなければならなかった。
前日のスタッフの誰かが
私の担当する、ある患者の入れ歯をなくしたんである。

私がやったのじゃないけど
私は担当のナースなので
レポートしなければならない。
すっかり遅くなっていて、1分でも早く帰りたい日に限ってこうだもんな。参った。

でも、家で休んで
水を得たモケモケ草のように復活したので
明日の出勤も頑張るよ。

 ママ!
IMG_9430.jpg
 おやすみのひは かぞくさーびすでしょう?

IMG_9438.jpg
 なのに こんぴゅーたーばっかりみてさ

IMG_9445.jpg
 ここでねることにするぞ
スポンサーサイト

COMMENT 0