出だし悪けりゃ

出勤時、うちを出てから最初の信号で左折するのだけど
いつもなら青になる直進、左折の信号が、3サイクルを過ぎても青にならない。
逆方向からの車は普通に交差点を渡ってくるので
向こう側は青になっているはず。
おかしい。
いつまでも待ってられないので
4サイクル目で、いつもなら青になっているはずのタイミングで、ええい、と信号無視決行。
赤信号で左折したった。
警察はいなかったがドキドキよ!

ここで4分ほどの遅れを取ってしまって気は焦る。
やがて、前を行く車に追いついた。
制限速度以下の車。
とろとろ、とろとろ。
片側一車線だし追い越すのは危ないし
次の信号で曲がってくれたらいいなと願ってたけど曲がらず。

その先に見えたのは
点滅を始めてゆっくり降りてくる遮断機。

なんで今朝に限って!
やめてくれよーたのむよー

この踏切は滅多に閉まらないが
一旦引っかかると、
アメリカの列車は100両くらい普通にあって
比較的ゆっくり走っていくので
えらい時間がかかるのだ
IMG_9178.jpg
この↑トロトロ車がいなければ
踏切閉まる前に通り抜けられたのに。

その後もトロトロ車は病院に着くまでずっと私の前を走ってくれた。

そうしていつもより10分ほど遅く出勤。
ああ、なんだか嫌なスタートだな、と思ったのよね。

患者の情報を調べたりする時間も削られたが
4人患者でのスタートだったので、ある程度の情報をざっと見ることができた。

スタート時にはそう悪くない組み合わせの患者グループのはずだったが
そのなかの一人の患者を退院させることになったのに
急にこの患者が混乱。
家族もびっくりの急変に
ドクターに連絡したが
それでも「薬をあげて、退院させる」という。
薬を飲ませたがますます混乱。
暴れ出したので警備員を三人呼んで
チャージナースにも助けてもらって
ドクターにももう一度連絡し、直に様子を見に来てもらった。
Haldol,とBenadryl、blood drawと頭のCTスキャンのSTATオーダーが出て
投薬したけどなかなか効かない。
鎮静できなければ、CTスキャンもできない。
この患者にかかりっきりになること2時間。

そんなごたごたのなか
私の他の患者は
同僚Jが頼まれもしないのに進んでカバーしてくれていた。
Jは、いつもそういう風に動いてくれる子。

でもみんながそんな同僚ばかりじゃない。
私に手術室からの新しい患者が来ることになって
チャージが「だれかChachaの患者受けて!」といってくれたので
同僚Lが受けてくれたのはいいけど
その後、Lの姿を見なかったので
でもレポートを書き込んだ書類は私のデスクに置いてあったから
書面のレポートだけで引き継いだつもりでいた。
患者に遅ればせながら挨拶、アセスメントなどもしたのだけど
やっとLに会えた時には
Lは不機嫌に
「私がこの後もこの患者受け持つ。もう既に二時間くらい面倒見てきてるのだから。
次に来る新しい患者を一からやり直すのなんかごめんだ。」
そうして、彼女にアサインされたばかりの
新しく来る患者と交換しろという。

その患者は、私の患者達とは反対側の廊下の一番奥の部屋なので
ロケーションも最低。
それは我慢するとしても、Lの冷淡な言い方ったら。
その相談をしに行った時も
上から目線の「何か用なの?」って態度。
同じことを言うにしても、普通に話しませんか?
私だって、他の患者のことで忙しくて、決して遊んでたわけじゃないのにさ。
なんか情けなくなったな。

夕方は投薬が何もない日もあるのに
このグループは投薬の多いことったら。
そこへさらにドクターが
複数のIVオーダーを午後4時に3つ(全部ストレートでも4時間かかる)
午後6時にも1つ(2時間)出した。
でけへんちゅうねん。
さらにこの患者が内服のポタシウムを拒否したことを知らせたら
「ポタシウムのIV追加して合計4doseにして」
するよ、するけどさ。
明け方までかかるよ?

そこからさらにもう一人、脊椎手術をした患者を受けることに。
6時を過ぎて、みんながナーシングステーションで座って
やいやいと話をしながら夜勤へのレポート準備をしているのに
くだんのLなんかは、スマホいじって遊んでるのに
走り回るオイラ。

このL
朝、ドクターがナーシングステーションから
「君の受け持ち患者をこれから回診するんだけど」と電話をかけた時も
「朝ごはん食べてるんですけど。」
と平然と返していた。
(スピーカフォンだった)
勤務中やろ〜?
Lは明らかにattitude problemがある。

案の定、残業チャートしてたのは私ひとり。
9時帰宅。
ヘトヘト。
こういうことがあるから
連日勤務は極力さけてるのだ。

カボもフェンス作業でヘトヘトだった。
IMG_8315.jpg
良い感じに出来てきたよ
スポンサーサイト

COMMENT 0