苺のスコーンならず。

昨日は仕事だった。
ひっきりなしに投薬しなければならない一人を除いては、
人柄もよくて、ケアもしやすい患者さんたちに恵まれた日曜日。
ユニット秘書が休みだったので
ナーシングステーションにかかってくる電話には
ナーシングスタッフの誰かが出ないといけなかったり
それなりにバタバタはしたけれど
悪くない日だった。

ひっきりなし投薬の患者さんは
痛み止めやら抗不安剤やら
ほぼ一時間おきに何がしかの薬をあげないといけない上
自分の気に入ってる優しくしてくれるナースには
「看護婦さん、痛いよ、痛いよ、冷たいタオルで顔拭いて〜❤️」とか
甘えてくる、困った人だという評判。
彼、自分でちゃんと動けるのに!

それでも時間があるときには
できるだけのことをしてあげたら
たいへん感謝されて
「あなたにWOWカードを書くから持ってきて」
と言われた。

WOWカードとは我が病院グループが準備している
「うちの病院のスタッフがよくやった時は
このカードでほめてやって!」
という趣旨のカード。
そうして届いたカードは
朝のhuddle(朝礼みたいなもん)の時に、みんなの前で読み上げられる。

忙しい患者一人いるにもかかわらず、チャートも投薬もオンタイムだったんだけど
午後になって、腰痛で同僚ナースが家に帰ることになり
彼女の患者を他のみんなに割り当てて受け持つことに。

私に回ってきたのは
IVC(involuntery commitment) のシッター患者だけど
「みてろよ、明日、弁護士から連絡があるぞ!訴えてやる〜!」と
本人が大騒ぎするのはしょうがないとして
内輪でもめてるらしい患者の家族から
シフトチェンジ時間に長電話で身の上話をされたのには参った。

それでも7時半すぎに病院を出ることができ、
まだ明るい街を、沈む夕日に向かって帰宅するのは気分が良かった。

本日、月曜からは、四連休だよ!

しなびかけたオーガニックの苺がまだ小さいボウルに一杯分のこっていたので
Kyokoさんのブログ記事を読んだ時
お〜! うちもこれ!
と朝からスコーンを焼こうと卵を室温に戻しておいた。

すると、カボが洗濯中の私に
「苺、片付いたよ!」
と褒めてほしそうに言いに来た。

えー!

‥しゃあない。

結局いつもと同じ
冷凍ラズベリーとホワイトチョコとピーカンナッツのスコーンになった。
IMG_7849_2015060202510119b.jpg
これはこれで好きなんだけど
いちごのスコーン、っていかにも美味しそうな響きだったんだもの。

幸せそうな寝姿二枚
IMG_7810.jpg

IMG_7850.jpg
スポンサーサイト

COMMENT 0