明日は南部の基準で言うところの大雪だよ

きのう、カボが買って来た1ガロン入りの牛乳を
冷蔵庫に横にして入れたらしい。
じわじわ漏れ出した牛乳で
棚から野菜室まで、ボトボトになっていた。

で、朝から冷蔵庫の牛乳掃除をするはめになったが
「牛乳は横にして入れたらあかんねんで!」と言ったら
入れた当人はカウチに座ったままで
漏れたん? ハア‥
とため息ついたまま動かないではないの。

やがて
「ヨナス、外へ行くぞ」
とヨナちゃんを散歩に連れ出した。

腰の悪いあたくしが
冷蔵庫の棚やら引き出しやら引っ張り出してお掃除しておりますのよ?
せめて「ゴメン」と言ってくれてもいいじゃない?

一人で二階に上がって仕事関係の作業をしていたら
やがて、一階で掃除機をかけている音がした。

お詫びの掃除機か?(苦笑)



きのう、我が病院グループ本部のworker's comp部門から電話インタビューがあった。

業務災害を装ってズルする人もいるのでしょうがないけど
嫌な電話なんである。
優しく、畳み掛けるように、私を気遣うような口調でありながら
私の口からどんな状況でどんなふうに怪我をしたのか話をさせようとする。
私が助けを呼ばなかったこととか
前にも同じような怪我したことがあったかとか
私の方にも問題があったよね?という雰囲気のプレッシャーをかけながら。

ちゃんと怪我のレポートに書いたことを
もう一回、怪しまれないように、話さなければいけなかった。

怪我して働けないから給料の保証してくれーとか要求しているわけではなく、
明日にも仕事復帰しようとしているので
怪しまれてはいないだろうけど。

明日の仕事復帰は
何がいちばん心配かといえば
腰よりも、みんなの反応よりも、
今夜から降る予定の雪。

8インチ降る予報なのだ。
もちろん横滑りも怖いけれど
南部の人々は雪道への免疫がないので
貰い事故が危ないんである。

トロントやニューヨークなどは
雪の頻度や量も多いとはいえ
行政の雪かき作業が見事なんである。
こんな道まで?というところまで
ささーっと綺麗にしてくれる。

ところが、ここではそうはいかない。
うちの前の通りに出る車、多分私が最初の一台目になるんだわ‥

朝の出勤はカボが送ってくれるというが
カボがその後、無事に家に帰れるかどうか
気になって仕事が手につかなくなりそうよ。



本日の夕食はカボが初めて作ったブルゴギ(超美味だったわ!)と
私が台湾時代に一番好きだった野菜炒め、清炒高麗菜(=キャベツのさっぱり炒め)を添えて。
白いご飯がすすむったら。

明日の仕事、がんばろ。
その前に、雪道の出勤、がんばろ。
明日は病院と電力会社、そして警察消防以外の業種は
全てクローズするであろう、南部の町なんである。
スポンサーサイト

COMMENT 6

Chacha  2015, 03. 02 [Mon] 11:00

☆Ayaさん☆

ああ、えらいなあ‥Ayaさんはそれができるから。えらい。さすが。

私は仕事ならまだしも
家庭では「言い方にちょっと気を配って」という思いやりが欠如しているようで
いろいろ積もり積もってムカついてる時は特にそうですが、できてないなと感じる事があります。
ストレートに言葉や顔に出たり
時には嫌味な一言をそえてしまったりさえしてるんじゃないかしら。
それで悪化するのがわかってても
ぐっと抑えられないこともあって。

時間と距離を置いて頭を冷やすこともあるけど
Ayaさんみたいに、ぐっとこらえて一歩引いて、でもポジティブに
気持ちよく解決出来るようになれたらいいのになと思います。
う〜ん、まだまだ、要・修行だわ!

Edit | Reply | 

Aya  2015, 02. 28 [Sat] 23:43

chachaさんが やりにくそうにしている感じ、 とっても感じます。

同じ年頃のだんなをもつ身として いや~ わかるな~ってのもあるけれど いいにくいけど やっぱりカボさん ちょっとそれはないんじゃないですか~? って思うこと多々。

私は我が旦那に比べ 今のところ仕事時にも交友的にも うまくいっているように見えますが (私としては自身の努力あってと言いたい?笑) 我が旦那はうまくいかないことに対して 非常にストレートに不満や感情を爆発してくれるわけで、、、

私としては、、、 私、仕事で疲れてますし、 家計支えてますし、 家事もほぼ全部やってますし、、、と 心の中で思うわけですよね~

でも そのままストレートに出すと それはとても大変なことにになるわけなので そしてそれによる結果は私の望むところではないので、、、 でも きっちり線は引きます!

あなたが起こしたMessは どうぞ きちんと処理してくださいね、と。 

ただ 言い方にはちょっと気を配って、、、 ”クリーンしたいけど ちょっと腰が痛いし、、、 やってくれる? ” ”ホント! やってくれると助かるわ~” のようなのりで。

まあ とにかく Chachaさんには くれぐれも無理をしてほしくないな~ と心から思っております。

Edit | Reply | 

Chacha  2015, 02. 27 [Fri] 17:22

☆mogu07さん☆

「爪が甘いから更にイライラしない為にも後始末は私が」
ああ、それもわかる〜!
でも一応やる気を見せて欲しかったし
なぜゴメンと言えない?

天気予報はおもいっきりハズレで
雪が降っていたのは深夜だけ。
朝起きたら、8インチどころか
雪も氷も溶けちゃってて、道は路面が濡れてるだけ!
結局自分で運転していきました。
私にとってはラッキーだったのだけど
大雪を見越してお店を閉めたところも多く
商売に影響出た人には気の毒でしたよ。

Edit | Reply | 

Chacha  2015, 02. 27 [Fri] 16:41

☆Ayaさん☆

私は筋肉だけですんでいる(はず)だけど
Ayaさんのケースはそれどころじゃなかったもの!
治療にもずっと時間がかかるし
気をつけることも制限も
さぞかしいろいろあったことだろうと思います。
大変でしたよね。
腰をちょいと傷めた程度でさえ、こんなに辛くて面倒だっていうのに、なんたって頚椎だもの!

ほんとうに。
我々の身体は自分でしっかり守ってあげなきゃ!
同僚からも
「気をつけて!腰は一つしかないんだよ!」
って声をかけられました。当たり前のことだけどほんとにそう。

昨日は私の患者さん(TKAのpost op)が
朝、milk of mgを飲んで、
その後、私一人で部屋に入った時に
トイレに行く!早く!いますぐ行かなきゃ!と言いだして
「私、リフトしちゃいけないので」と待ってもらうのが申し訳なかったです。
でも昨日の相棒がキビキビ動くCNAさんだったから助かりました。
彼女はいつも廊下の見つけやすい場所に待機していてくれるし
呼んだらすぐに来てくれて
トイレに間に合って、ホッと一息。

もし誰も来てくれなかったら、と思うと怖くなります。

明日のエイドもいい人だったらいいのだけれど‥不安だわ‥

お互い様な部分はきっとあるんだろうけど
カボは歳をとるごとにますますイラつき気味で
すぐに逆ギレというか、声を荒げたりするので
なんだかな〜、やりにくいなって時が増えてる気がします。

Edit | Reply | 

mogu07  2015, 02. 26 [Thu] 06:16

図星を突かれるとむっつりしちゃう所あるある〜
爪が甘いから更にイライラしない為にも後始末は私がするけど
chachaさんは腰の事もあるし、労って欲しいですよね。

今日も雪ですか?
積もったばかりも怖いけど、アイスバーンも怖いですね....
行き帰りと気を付けてくださいね〜

Edit | Reply | 

Aya  2015, 02. 25 [Wed] 22:30

私も何度か Work Compのインタビューを受けました。

数年前に 仕事中に突然始まった 首、腕の痛み。
Occu Medの医者は 首の捻挫でことを済ませようとしたけれど 幸いNPが レントゲンをオーダーしてくれて 頚椎の変形が発見されたのよね~

治療やPT,Modify勤務が2ヶ月にもなったので 仕方ないけど。

まあ 何も隠すこともない、という以上に 仕事に戻るConcernsのほうが山積みで、、、

我が病院はLift Teamがいて 特にICUをメインにカバーしてくれるので 助かって入るけれど 完全にいるもサポートしてもらえるか、ってなると それは絶対不可能。

なので それ以来 同僚にだけでなく 患者さんにも 私にはリミットがあることを 説明して 待ってもらったり 、、、


自分の身体は しっかり自分が守らねば~

人様のことを言いたくはないけど ちょっとカボさん! 愛する奥さんをモットいたわりなさい!!! といいたくなります!

Chachaさん ちょっと優しすぎ~

Edit | Reply |