独り立ち第1日目

独立して最初の勤務だった日曜日。
夜、9:15に病院を出た。

ランチ休憩も取れず
ひたすら仕事をこなし続けて
それでもやり残したことがあって
それを片付けていたらそんな時間になってしまった。

プリセプターのティーナが
「最初のうちは5人以上のアサインメントを持たせないようにって
ダイレクターに言っておいたから」と
釘を刺しておいてくれたことなど
まったく意味も持たないかのように
6人目をあてがわれそうになった。

ただでさえ遅れてるのに
5人以上は持てません
と言ったわよ。

薬の数も多い人たちだったし
5人のうちの4人が足を切断してたり、組織が壊死してたりで
傷のドレッシングを交換しなければならない人たちだった。
細いテープのようなものを傷にグイグイ押し込んで詰めたりするのには
とても時間がかかるし
その間も
部屋の温度を下げてくれだの、痛み止めくれだので
患者さんたちから直接電話がかかってくるし
シフトチェンジ直前に二人の患者のIVがダメになったと。

めげる私に
ロシア人のちょっと怖そうな先輩はニコリともせず
「そんなの普通!いつものことよ!」

ああ、へっとへと。

病院を出て
日曜の夜で田舎道がいつもより空いていることをいいことに
超過速度でぶっとばし、家に着いたら
9時40分。
家に入ったら、カボが言った。

「もう遅いから夕飯なしね」

朝ごはんもろくに摂らずコーヒーを持ち込み
ランチもおやつも抜きで
のど飴一つで15時間がんばったあたくしに
夕ご飯抜き
ってか。

普段、カボは寝るのが早いので
9時か9時半にはベッドに入る。
(そして起きてくるのは私の後なのよ)

私は仕事の前日は9時半に寝るようにしてるけど
今日は単発シフトで
明日は仕事に行かなくていいから
多少は夜更かししても大丈夫なのに。
カボ、10時に寝てしまった。

病院での仕事の後はたとえご飯抜きでもシャワーは必須。
でもカボが温水タンクのスイッチを切り替えてエコノミーモードにしたとかで
9時半以後はシャワーからお湯が出るまでに時間がかかる。
惨めな気持ちで水が温まるのを待っていた。裸で。

ただでさえフラフラなのに
なんだかどーんと虚しくなって
一人で何か食べる気持ちにもなれず
生姜のお茶をいれて
リビングルームのカウチに座り
ヨナちゃんが横に来て丸くなって寝てるのをなでて
ネットをすこし徘徊、リラックスしてから寝た。

この役立たず感、新卒レジデントの時の気分だわ。
すぐに慣れるよね、きっと。
スポンサーサイト

COMMENT 2

Chacha  2015, 01. 27 [Tue] 10:46

☆お猿ちゃん☆

お猿ちゃん、お久しぶり!
今年もどうぞよろしくおねがいします。

ねーー、わかんないのよねーーー。
それとね、謝れない。
私のほうろう容器をディッシュウォッシャーに放り込んでダメにした時
「ちゃんと二回釘を刺してくれなかった、君のせいでもあるのだ」って
冗談めかしてたけどあれは本気で言ってる(笑)

がんばるっすよ〜!
ありがとね!

Edit | Reply | 

お猿  2015, 01. 26 [Mon] 22:45

がんばれ!

男の人って「見りゃわかるだろー」とか
「ちょっと考えりゃ分かるだろー」が通じないよね。。
本気でわかんないみたいよ。言葉で説明しないと。
「共感」が出来ない性別だから。

がんばれ!!

Edit | Reply |