体が重い

日本では美味しいものをたらふく食べ
仕事してない、運動もしていないというのに
アメリカに帰ってからも、パンだドーナツだと食べていたのは
ほかでもない、ワタクシです。

ストレッチでらくちんなヨガパンツばかり履いていたら
ある日
ストレッチではない服に体がおさまらなくなっておりました。
ほんの数週間前に日本で着ていた服もパツパツ。

それに気がついたのは
新しい病院で許可されている色のスクラブを注文して
届いたものを試着した時。

今まで履いてた、気に入ってるスタイルの同サイズの色違いなのに
太ももがピタピタで、あれ?と…

スクラブって、動きやすいようにゆったり目に作ってあるので
ピタピタになるというのは
非常に
まずいわけです。

体型が大きく変わらなかったため
幸い、買い換えずに済むことかれこれ10年以上
長きにわたりお世話になってきた
バナリパの
サイズ 0 
のスーツ。
そのパンツのボタンが止まらないという非常事態を、初めて、経験。

今月のオリエンテーションにもパンツだけ使おうと思っていたのに!
これが入らないということは
このパンツより細身のチノパンも履けない
履けるのはヨガパンツのみ

まじかよ〜〜(涙)

自業自得以外のなにものでもない。
ドーナツを24時間以内で5個!とか平気で食べてたものね

とりあえず
二週間後に迫った病院地域本部のオリエンテーションを乗り切るために
サイズ2
のぱんつを…
オンラインでコソッと注文

くー!
悔しいぜ!

義理息子がバナリパ勤務なので
よく家族割引プロモーションとかあるんだけど
それまで、待ってられない。
それに、
かっこ悪くて言えないしな。

これから二週間でちょっとダイエットもやってみる。
愛しいドーナツもしばらくおあずけだ。
で、オリエンテーションの日までにまんまと痩せられたら
昨日注文したぱんつ、返品できる。
それがモチベーションよ!(笑)

今まであんなにお菓子を焼いては食べ、焼いては食べと繰り返していても
これほどまでに太らなかったのは
ひとえにナースとしての肉体労働のおかげだったらしい。

IMG_6114.jpg新しい場所〜

これはカボの古い椅子、レザーがボロボロ剥がれて酷い状態だし
赤い家具はこの家のインテリアにあわない。
楽に座れる場所がないというカボのために「新しい家具を買うまでのつなぎだからね!」と
釘を刺して家の中に持ち込んだ。
ヨナちゃんベッドをセットしたら、即のっかりましたよ
スポンサーサイト



COMMENT 0