腰痛出勤

コールベルに応えてはならない!
助けたい気持ちのはわかるけど看護はしてはいけない!
その椅子から立つんじゃない!
それが守れないんだったら家に帰すよ!


と言い渡されていた
医師の制限付きで勤務復帰したワタシ

ナースとして働けないので
即席ユニットクラークとしてデスクに座り
電話を受けたり
新規のチャートを作ったり
オーダー入力したり
そして
休みのスタッフに金曜の夜のしかも真夜中に電話をかけ、出て来れないか頼む、というイヤな役目をあてがわれたり…
やった事の無い仕事ばっかりを見よう見まねでこなし
あっという間に予定の退勤時刻、午前1時がやってきたが
ユニットは上へ下へのてんやわんやバタバタ状態。
忙しいから残って〜と言われ更に2時間残業した。

午前3時に車で帰宅するなんてことは、滅多に無い。
ほとんど車は走ってないかと思いきや
金曜の夜だからか、たくさんの車と遭遇。
警察車両も多い。

実は仕事バッグを替えたので
うっかり免許不携帯だったワタシ
警察に止められちゃったら大変。
おとなしく目立たなく、安全運転を心がけましたわ。

ゆうべは流星群が見られるという話だったから
見られたら見ようと思ってた。
ちょうど家に着いた頃は観測に最適と言われていた時間帯に近い。
雨も上がって
真っ暗で、空の観測にはうってつけ。
便利な星座盤アプリを使用して狙いを定め、眺めていたら
すうっ、と1つ流れたのが見えた!

満足して夜勤部屋で隠れて寝たらば
一時間もしないうちにヨナちゃんが朝ごはんの催促に起こしに来た。

ドアを開けたときにお迎えに出て来なかったから
ぐっすり寝ていて、私が家に帰ったの知らないだろうと思ってたのに…
わかってたか。

やっぱり朝ごはん係はママの役なのね。
たとえパパがすぐ横で寝てても、やっぱりママ。
スポンサーサイト



COMMENT 2

Chacha  2014, 05. 25 [Sun] 14:47

☆mogu07さん☆

マネジャーが「私、正直、泣きそう…」って言ったのを初めて聞きました。
それくらい忙しい夜だったので、事務仕事でも助けになれて良かった。
2時間残業でしたが、それでもいつもの12時間勤務よりは短いので身体が楽です♪

今朝は1時半ごろに仕事から戻ったら、ヨナちゃんが小走りで出てきてくれて
スリスリ、おでこごんごんサービスでお迎えでした。
カボによれば、昨夜、黒い猫が窓ガラスをばんばん叩いて(外からよ!)
ヨナちゃんにケンカを売って来たそうで、
それで怖くて神経高ぶって眠れなかったみたい。
そういう時って普段よりベタベタくんになるのよね…

Edit | Reply | 

mogu07  2014, 05. 24 [Sat] 17:16

座った仕事でも大変だったでしょう.....
しかも残業までしてお疲れさまでした!
ヨナちゃんはちゃんとママが帰宅したのを解ってるわよね〜
だって大好きな人の気配だもの。

Edit | Reply |