グローバルエントリー

カボ絶賛の
Nexus
International trusted travelers / Global entry プログラムに
君も申し込めば!と
さんざん言われて数ヶ月。

やっと、申し込んだ。

Global entry
まず、このプログラムは
永住者かアメリカ市民しか申請できない。

オンラインで申し込んで
後日CBP職員から面接を受け
安全だとみなされたら
カードを発行されて
それ以降、アメリカへ戻ったときには
悪名高い入管審査の長ーい列に並ばず
キオスクの簡単な審査だけで入国できてしまうという
そんなことして、ほんとに大丈夫なんか?というプログラム。

航空会社のクルーとして
出入国も、セキュリティ検査も
クルー専用の窓口に慣れていた彼は
普通の人の並ぶところに
普通に並ぶ事が苦痛だったらしく
私用の旅行の時に列に並ぶも
イライライラ…

端から見ていても
超不機嫌〜!

みんな我慢してるんでしょうに…!

そこへこのプログラムのことを知り
早速申し込み、カナダへ行った際に
移民局の面接を受け、承認された。

その後、二度のカナダ行きも、メキシコ行きも
今回のイタリア行きも
スーパー☆スムースだったんだそうで。

おれさま、特別〜!とドヤ顔でキオスクに向かう我が夫の姿が目に浮かぶ。

カボが、この特典がない私と一緒に旅行するとなると
別々に並ぶか
私と一緒に普通のラインで待つか
になるという事もあって

「君も申請すべきだ!」

とずっと言われていたのを
ようやっと、昨夜申請した。

秋に日本へ帰れたら帰ろうと思っているし。それまでに間に合えば良いな。

でもちょっと怪しい事をしたら即取り上げになるこの認可。

日本から戻る際に
こっそり肉エキス入りのカレールーとか持ち込むのは
よしたほうがよさそうだわね…
スポンサーサイト



COMMENT 2

Chacha  2014, 05. 10 [Sat] 16:04

☆Kyokoさん☆

検査官が「肉」って字を見てるというの
わたしも聞いた事があります。
10年くらい前に中華スープの素「味覇」の大きな缶を持ち込んで
取り上げられたんですが
「これは肉だね」って言われたような記憶が。
目の前でドサってゴミ箱に捨てられて…切なかったですよ。重たかったのに!高かったのに!

グローバルエントリー、更新は5年毎で無料なので持っておくと便利かもしれません。
審査のための面接に行くのが若干面倒ですが、一度きりだし。

Edit | Reply | 

Kyoko  2014, 05. 07 [Wed] 20:35

こんなプログラムがあるなんて知らなかったです~。
なかなか国外へ出ることはないけれど、申請しておくと便利そうですね!

カレールー、箱から出して持って来ればばれないという噂があるんですが、どうなんでしょうねぇ?(なんでも税関で、漢字が読めない検査官が「牛肉」って漢字のメモをみながら、日本語やアジア圏のパッケージをチェックしているらしいので)。

Edit | Reply |