カボ、トロントへ。

きのう、義妹の容態が急変した。
カボは今朝いちばんの便でカナダへ。

準備を進めて来ていた肝臓の移植は、もはやオプションではない。
予想していたよりもずっと早かったこの展開に
家族も大慌て。

わたしは一度も直接会う事が無いままだった。

少しでも彼女が苦しまなくてすむように、と祈るだけだ。



わたしはこれから出勤だ。
カボの留守で、ヨナちゃんは久しぶりに一人っきりになる。

だいじょうぶかな。
明日の朝仕事から戻って来た時に、思いっきり文句を言われるだろうな。
スポンサーサイト

COMMENT 6

Chacha  2014, 03. 22 [Sat] 05:46

☆もこさん☆

はじめまして、コメントありがとうございます!

もこさんはトロントでRNをされてるんですね。
ちなみに今回義妹がお世話になったのはトロントジェネラルの集中治療室でした。
「ここのナース達のやってることには敬服せざるをえない」って言ってました
義妹は予想されていたよりも早く急変してしまいましたが、
家族にみとられ、旅立つ事が出来たようです。
あたたかいお言葉、ありがとうございました。

トロント出身の夫は
退職後はカナダに帰りたくて、その準備をしていたのですが
「やっぱり、寒いのは耐えられない」と
カナダに引き上げる気は今の所はすっかり失せています。
でも基本的にアメリカ生活が嫌いな夫だし
ちょっとしたきっかけでよく気が変わるひとなので
また「カナダに戻る!」って言い出すかもしれません…

雑多なブログですが、よろしければこれからも覗いて下さいね。
いろいろなお話しできたら嬉しいです。

Edit | Reply | 

Chacha  2014, 03. 22 [Sat] 05:17

☆ほんなさん☆

優しい言葉ありがとう。
カボは今日の夜に帰ってきます。彼が妹の最期に立ち会えてよかった。
家族と遠く離れて暮らしていると
こういう大事なときに間に合わない事だって多いもの。

わたし正直かなり参ってるみたい。ストレスが身体に出て来てる。
ただでさえ頻脈になってるのに
仕事がらみの夢で心臓ばくばくになって何度も起きるし
疲れてるのに眠れないのはつらいわ…

なんで順番飛ばされたのか、理由があるなら
ダイレクターと話しに行こうとは思ってるけど、心臓の検査してからその結果も含めて話そうかなとも。
まだ職場には話してないけど、きっと一年以内に他の町へ引っ越すし、
終わりが見えてれば、それまで頑張る事もなんとかできそう。

仕事を終えて帰宅する前に患者さん達から感謝してもらって
仕事引き継ぎの時に次のナースにわたしの事を
「彼女は良いナースだよ!すごくよく面倒みてくれたんだよ〜!」って
嬉しそうに言ってくれたりするとね、
モチベーションはまた上がって来ました。

ヨナちゃん久しぶりのお留守番
がんばりました! 
退勤、帰宅してからの密着欲がものすごくって
一緒に遊ぼう!一緒に寝よう!って
すごくわかりやすく要求されてます。

そんな姿を見たらヨナちゃんを置いて
カボと一緒にイタリアへ、なんて
とても行けなくなるなあ…

Edit | Reply | 

Chacha  2014, 03. 22 [Sat] 04:57

☆Ayaさん☆

Ayaさん
義妹へのお気遣いありがとう。
カボから昨日の夜勤中にテキストが入り
義妹のライフサポートを外して最後を待っているところだということでした。
詳しくは土曜日に帰ってから話す、と言われています。
意識は無かったようですが、間に合って、最後に会えて、良かった。
苦しまずに旅立つ事が出来たのではないかしら。

6人担当で普通に忙しい日でも時間に追われて、
やりたい事、たとえば傷のドレッシングを交換する暇もないのは悔しいです。
でももっと悔しいのは理不尽な要求や、思いっきりコンフューズした患者の為に時間をとられて
他の人への時間が減ってしまう事。
フロアに予算が無いから、シッターはよっぽどじゃないと付けられないし
エイドは他の患者に付いてたり、フラストレイトしてコールベルに応えなかったりで
ナースもあっちこっちへ走り回る。

やり切れない思いです。

わたしも水分とらずトイレも行かず、これじゃダメなのはわかるけど
そうなってしまうシフトは残念ながらしょっちゅうあります。
今週のシフトでは頻脈もまたひどくなってきました。
患者さん達から感謝されて、好いてもらって、下がりきってたモチベーションはあがったけれど。


難しいケースだからAyaさんに取って欲しいって言われるのは
安全で頼りになるからにほかならないだろうけど
患者さんにはそれがベストであっても、いつもそんな重いアサインメントだときついね。
きつくってもそうして患者さんが回復して、医者からのお礼の言葉。心からの感謝だったはず。
ほんとうに報われますね。
ああ、私までほっこりしました!

おうちのリモデル終わったら猫を飼うんだったよね?
まだかな〜〜いつになるのかな?
ふふふ、私も楽しみにしてるんだから〜!どんな仔が来るのかな〜!やっぱり白黒のウシ柄ちゃん?
ヨナちゃんカボの居る日は迎えにも出て来ないけど
今週のように私の夜勤中を一人で留守番した後は
ガレージに通じるドアを開ける前からドアの前にいて叫んでるのが聞こえます。
ものすごい密着度で、癒されるというより奉仕させていただいてる感じよ〜
それもまた癒し?
あ、カボもわたしの夜勤を嫌がりつつも
私が帰る時間にあわせてフレッシュなコーヒーいれてくれたり
仮眠の前に背中を揉んでくれたり、癒してくれます。

パートナーの存在、ありがたいね。お互いに。

Edit | Reply | 

もこ  2014, 03. 20 [Thu] 21:28

はじめまして。
トロントの病院でRNをしています。

久しぶりに本職の「トロント・RN」で検索したら
こちらに流れつきました。

なにやらご主人の妹さんの容態が思わしくないようで
ご心配ですね。
ご本人が、「苦痛の無い」状態で
周りのご家族ともども
静かで平和な時間を過ごすことができますよう
お祈りさせていただきます。

Edit | Reply | 

ほんなあほな  2014, 03. 19 [Wed] 19:23

↓の事といい、気持ち的にも、体力的にも、大変なことが重なっているね
どうぞ、この状況を、上手く切り抜けれますように。。。

カポさんの妹様、頑張って!苦しまないよう、私も祈ります。。

↓、やっぱり、「なんで??」って思いながら仕事をするのは、モチベーションも上らないし、余計な事を考えてネガティブになってしまいそうだから、
マネージャーに聞いてみるのもありかも。。

ヨナちゃん、お留守番、がんばって~

Edit | Reply | 

Aya  2014, 03. 19 [Wed] 19:01

Chachaさん お久しぶりです。
コメントはしばらくしていませんでしたが 読ませてもらってました。

本当に カボさんの妹さん 苦しく感じることが出来るだけ少なく カボさんや大切な人達に囲まれて 過ごせることを祈ります。

Chachaさん 仕事よく頑張っていると本当に毎回ブログ読むたびに思ってます。 本当にどうしようもないくらい 忙しく 自分にコントロールがなく 自分が思おういいケアを出来ないときは 悲しくなるよね、、、、 

我がICUも ここ数ヶ月 かなり忙しく そしてなぜか私はいつも かなり忙しいか かなり厄介なケースを受け持ち チャージナースをするときですら ”なんで?”といいたくなるくらい 、、、

昨日の夜も まあ トイレには何とか行きました、という12時間。 Out patient surgery centerからのDirect admit、 厄介で複雑なケースらしいから Ayaに取って欲しいけどいい?と チャージに言われたときは 正直 ” あ~ たまには勘弁してよね~”といいたかったけど もう少し具体的に状況を聞いたら Noとは言えなかった。

SurgionやE-ICU MDと頻繁にやり取りを繰り返しながらも なんとか 朝には目標の状態に達することが出来 朝 少し休め 普段の精神状態に戻ったSurgionは ” 昨日の夜はこの患者をケアしてくれてありがとう。 彼女はとっても複雑で難しいケース。 君はきっとかなり大変だったと思う。僕は夜中に不機嫌だったりしたけど あれは余りにも疲れてたから。君には感謝してるよ”と。

ほっこりしましたね~ 忙しかった勤務には変わりはないけれど こういうフィードバックには 本当に救われる。
よし また今度もチャレンジナケース 頑張るぞ、と 思えたりもする。

でもさ~ Chachaさん 勤務明けでどっぷり心身ともに疲れきった家に帰って ヨナちゃんに迎えられたら 癒されそう~ 私も早く猫飼いたいよ~

P.S. あの、、、きっと家に帰ってカボさんに迎えられても癒されるはず、ですよね。 カボさんを無視するつもりはありません(笑) 私も我が旦那に迎えられほっこりしますから。 でも 猫が欲しい~!

Edit | Reply |