全員が…

昨日、泣いたり叫んだり吠えていた、常連の大きな身体の患者は
昨日はセイラの患者だったが
シッターが必要だと判断されて
私が昨日受け持っていた、東ウイングの端っこ側に移動されてきた。

シッターを一人だけ付けておく為に、見張りの必要な患者の部屋を集めて
廊下にシッターを座らせるという
節約作戦…

その結果、
今朝出勤すると彼女は私の担当になっていた。
私のグループは
全員が
多かれ少なかれメンタルに問題ありという
もう、朝から逃げ出したくなるような面々が揃えられていた。

ひどいわっっっ、クリニカルリーダー!

メディカルフロアだけに
精神混乱に加えて、ちゃんと別の病気も存在する訳で
同じ人数のメンタルでない患者を担当するよりも仕事の量が増えるだけなのだ。

言う事聞いてくれなかったり
チューブ類を引き抜いて血を流してたり
泣き叫んでなんども部屋に呼んだり
何度説明しても、チューブ色々付いてるのに勝手にベッドから椅子に移って
引っ張られたIVチューブがキンキンに張りつめてたり(包帯ぐるぐるに巻いておいて良かった)
部屋からでていこうとしたり

そんな人々の集まっている一角は
叫び声やらベッドアラーム、IVパンプのアラームなど
奇妙なにぎやかさであふれ

もうヤメてー


シッターを担当しているエイドも
担当エイドも
担当ナースである私も

フラストレーション絶頂

私の患者のうち二人を担当していたドクターさえも
この怒鳴ったり嘘泣きする巨体の患者の名前を出すなり、ああー、と頭を抱えるゼスチャー。

 きみ、こんなアサインメントを貰うなんて、一体誰を怒らせたんだい?
 この患者達が全部キミのグループに入ってるなんて。
 かわいそうなきみ。
 そして、かわいそうなぼく。

その後、まだフロアに居たドクターに

 フォーリー引っ張りだすかなんかしたみたいで血尿になってるよ
 いまダンナさんが来てるから、話するんなら今がいいよ 

と言いにいったら

はあ、とため息をついてワタクシの肩をぐいとひっぱりよせ

 さあ!一緒に患者の部屋へいこう!皆でいっしょに彼女を乗り切ろう!

道連れ…

私と先生は
どうしてまだ退院できないか、って
病気の経過を説明しようと試みたんだけど
私達やダンナさんがなにを言おうと同じ事の繰り返し。
患者はわめく。
「お願いだから家に帰して。夫と一緒に過ごしたいのよ!」

実はコカイン中毒のこの患者
家に帰るというのは薬をやりたいからでもあると思う

エイドが言いに来た

 この病院ではちゃんとしたケアが受けられないから
 友達に「痛み止めの薬」持って来てもらう!って言ってるよ

それを聞いてドクター、ブチっとキレた

 そんなに帰りたいのなら
 帰したろやんけ

で退院手続きとあいなった。

気の毒な旦那さんは
また戻って来て
私の説明を聞いた後
彼女を引き取っていった。

でも、毎度のごとく
彼女はすぐに戻って来る事だろう。

ああ…

最近、こんなんばっかりじゃんけ〜

3時過ぎにやっとランチ。

そのあとはなんとか穏やかに過ぎて
ほぼ定時にクロックアウト!

三連休だよ〜〜

でも家に帰ったら家事がたんまり

…我が家の主夫は自分のやりたい家事だけ選んでやるのだもの

そしてもちろん
P1110008.jpg
王子様もなにもしませんよ




スポンサーサイト

COMMENT 2

Chacha  2013, 07. 29 [Mon] 11:30

☆mogu07さん☆

一緒に部屋で話してた時に、ドクター、この患者から
「ビッグハグあげるから、おねがい。帰らせて!」と言われて
ウゲ〜、イヤだよ!って顔してました。
私も保護ガウン越しにでもハグされたの、すごくイヤだったもんな〜

ヨナちゃんのねじれ開脚(笑)
ああ見えても快適らしくって
キャットタワーの上で寝てる時もよくあんなふうに
開ききってぺったり床についてます。

Edit | Reply | 

mogu07  2013, 07. 29 [Mon] 10:36

お疲れさまでした〜
ドクター、一人では辛いから仲間が欲しかったんですね(笑)
いや、でも誰かが一緒なだけで精神的に違うんですよね.....

ヨナ王子はそれがお仕事〜
上半身は普通なのに開脚がすごいわ。

Edit | Reply |