猫を飛ばそう計画、実行中。

乗り継ぎ地のシャーロットにおりますよ。
cltrn.jpg

最初のフライトは4時間。
でも着陸できずにグルグルまわったので4時間半。
薬をあげてからは5時間半。
ヨナちゃんは機内ですっかり目覚めてしまって
悲しそうに、おおーん おおーん と鳴くのが辛い。
飛行機から降り
ヨナちゃんキャリアーを肩から下げて
ターミナル移動間も おおーん、と鳴き続けてる。

空港はうるさいから人目はひかないけど
不憫なのよね。

でも薬をあげるのは私一人じゃ不安。
空港の中で走り去ってしまったりしたら、もう会えなくなるかもしれないから
キャリアーから出したくないの。

帰りの元のチケットはノンレヴではなく自費。
空いていたからノンレヴでも十分乗れていたんだけどね。安全パイをとったのよ。
で、ここシャーロットから私の家に近いローカル空港へ行くのは
次のフライト4時すぎ発のではなく、夕方6時すぎの予定だった。
二時間余計に待つけど、そっちの方が安いから、と選んだのは
非常に、非常に、アホだった。
自分だけならぜんぜん平気だけどね。

ヨナちゃんはストレスピーク。
待ち時間はなんと5時間近くの予定。
これを早い便に変更するなら更に手数料が75ドル、と電話では言われていた。
でも、お金払ってでも変更してもらうつもりだった。

そして
サービスカウンターに行ったらば
天使のようなエージェントが1つ返事で
無料で早いフライトに変更してくれた!

ヨナちゃんはちょっと諦めムードでキャリーの中で横になっている。
お腹もよっぽどかすいてるはずだ。喉も乾いてるだろう。

後3時間で家に帰れるよ〜!
スポンサーサイト



COMMENT 4

Chacha  2013, 04. 29 [Mon] 14:35

☆Yoshieちゃん☆

そうだったね、アンジーは日本と往復したんだもんね〜!がんばったね。

キャビンだとごそごそ動いてるのも足に伝わって来るし、
薬から醒めて、飛行機が揺れたり急降下したりしたら
ミャオーウと鳴くから、「大丈夫だよ、一緒だよ」というつもりで
名前を呼んだら最後
「ママー!助けてよー!」って感じなのか
余計に鳴いて訴えて来るので
慰めるつもりが逆効果になったみたい。

無事についてホッとしたし、何より精神的に疲れた!猫も人間も!
もうこんな事しなくてすめばいいんだけど…次に引越しするとしたらカナダだろうからやっぱり飛行機か(泣)

Edit | Reply | 

Chacha  2013, 04. 29 [Mon] 14:23

☆mogu07さん☆

そうなの〜無料だったの!カスタマーサービスの人、猫好きな人だったのかしら?
結局フライトが一時間遅れたけど
それでも次のフライトよりは早く帰って来れて助かりました。

空港から家までのドライブがいちばんキツかった…
ヨナちゃん完全に目が覚めてストレスがたまってたのか、絶叫するし、やがてボカスカ中からソフトタイプのキャリアーの壁を突き上げたり引っ掻いたりして、まさかとは思ったけど破って出てくるんじゃないか、とドキドキしましたよ。
助手席の床に置いたキャリアーがヨナちゃんが暴れると山形に盛り上がってゴロゴロ動くんだもの…

Edit | Reply | 

Yoshie  2013, 04. 28 [Sun] 18:15

かわいそうだけど、仕方がないね。
うちの子も12時間のフライト、がんばりました。
逆にキャビンの方が、様子が見える分、飼い主にとっては辛いかも。
無事に家につきますように♪

Edit | Reply | 

mogu07  2013, 04. 28 [Sun] 16:46

無料で変更してもらえたんですか?
ヨナちゃんも待ち時間短くなったし、お金の心配もなく
ホッとしましたね〜
頑張れヨナちゃん、頑張れChachaさん!

Edit | Reply |