サージカルフロア。

今日はサージカルフロアでの12時間。

私とセイラがついた指導ナースは
なんと、地元看護学校のインストラクターをしてる人

せんせい〜〜!

先生ですからね
教え上手のなかの教え上手

忍耐強くてサポーティブで
優しいし
励まし上手

あなたたちよくやってるわ
すばらしいわ!
良いナースになるわよ!

複数の患者をさばくセイラはともかく
自信のないあたくしまで誉めてくれる。

褒めて伸ばしてくれよう、としてるのがわかって、その気持ちをありがたく受け止めた。

そんな彼女のもとで
セイラが3人の患者 私が1人の患者からスタートしたが
出たり入ったり
退院とアドミッションの嵐。
退勤時刻に最終的にいた患者は5人で終わり。

私は他のナースの患者でも
IVスタートできるんだったら私やります!、と言っておいたら
やってみる?と回ってきたのは
先週のおじいさん

皮膚はボロボロ血管ほろほろ
ワーファリン飲んでるからちょっと擦れたらすぐ出血してとまらない
先週も、先輩が入れたばかりのIVアクセスが
退勤間際に漏れてきてだめになったから
夜のシフトの人に入れ直してもらったんだった

そんな人にいれるのね…

指導ナースのもと
ビビりつつやってみたけど
刺したとたんに
おじいさんわめくのよ

やめてくれ!
なにをするんだ!

それでも刺したらフラッシュバックはあったのに、
また弁にあたってしまったのかそこから進めないし、
NSをフラッシュできないので
あきらめた。

二度目はまったくフラッシュバックしてこない
指導ナースが直してくれようとしてぐりぐりやると
おじいさんは

 わしの身体で練習するのはやめてくれ!

このセリフが出たらあたくしは何も言えない

二回やってダメだったらそこまでで引き上げ。
他のナースにお願いした。

あれは、あなたのせいじゃないわよ
だって、あなた、ちゃんと入ってたのよ。

と励ましてもらうが
いつもこのパターンなんだよな



明日は
ダイレクターと教育担当ナースの計らいで

がんクリニック

で実習することに急遽変更。

すぐウルウルしちゃう私をよく知るセイラと、
今日、治ったはずのがんが肺に再発した患者とその家族を見て私が動揺していたのを見た指導ナースは

 あなたがオンコロジーにいったら持たないわ…
 ストレスでバーンアウトしてしまうんじゃないかしら…
 私も同じ。私には、とうてい出来ないと思ったの。
 ずっとやっていく事なんだからね、よく考えて進路を決めなさいね
 明日行って、どう感じるか、自分でたしかめていらっしゃい

オンコロジーナースになるという考えは
がんの人の力になりたいわ!という単純なところから来ている。
しかもそれはまだ看護学生にもなっていない、素人の時のもので、
現にナースになった今
仕事として、がんにかかわるってことがどういうことなのか。
それを知ったあと、もしかしたら自分の気持ちが変わるかもしれないという事は
怖いような気もする。



明日の12時間勤務が終われば
お休みだ
それに明日は給料日だ!



スポンサーサイト