エビのてんぷら

うちの病院では
今週の「ホットコメント」
が、週に一回、メールでシェアされる

つまりは
患者からよせられる
お褒めの言葉や苦情等のフィードバック。
ほめられたものは担当者の名前入り、そうでなければイニシャル等匿名で、
カスタマーサービス向上の参考に、配信されてくる。

毎週ビビリながらこのメールを開く、気弱なあたくし
先週そのコメントまとめの中に

「ナースが

 ブロークンイングリッシュを話して

 意味わかんねー」


というのがあって


これ あたくしか?
と震え上がった!

が、このコメントは
クリティカルケアの患者からだった

CCUで患者と話した事など一度も無いあたくし
ほっと胸を撫で下ろすも
明日は我が身だ。

このコメントを読んだスタッフ達は、これあたくしの事だと思ってるかもしれない…(苦笑)


ちなみに
「ドクターの訛が強くてわかんない」
てのもあった。

我が病院には
訛の強いインド人のドクター、ナイジェリア人のドクターなどがいて
彼らは、その名前も長くて覚えにくいため、イニシャルだけで
「ドクターCV」「ドクターA」なんて失礼な呼び方をされている。

私の名前も覚えてもらいにくいけど
とりあえず
C (←名字の頭文字)
とは呼ばれずに済んでいる。



地元民によると、毎年観光客が戻って来るのは
だいたいイースターの週からだと言うので
それまでに地元のスリフトショップをチェックしに行ってこようと思っている。

わたしはアンティークには全く詳しくないが
ビンテージ食器のネットショップを経営している友達のサイトですこし勉強、
アイディアを仕入れた。
田舎のこの辺りになら
こういうの、いろいろ売ってるんじゃないかという気がして
もし、良いもの見つけたらプレゼントにしよう!と思ったり。

で、今日は4時半に終わった仕事の後に
ダウンタウンにあるらしき
教会のスリフトショップへ行こうと、いつもと逆方向へ車を走らせるも
…アドレスを書いた紙は家においてきてしまった。
見当をつけた辺りを走ってキョロキョロしても、店が無い。

それでも、通った道には
同僚に教えてもらって行ってみたかった地元の魚屋さんがあったので
そっちに寄って
ローカルのエビを買うてきた。

2パウンドも。

帰宅してスリフトショップの住所を見たら
1本、通りを間違えておりました
アホね。

怪我の功名?で買って来たエビで
今夜はてんぷらうどんだよ!
P1100448.jpg
残りは酒蒸しにして冷凍だ〜。

正直
えびの天ぷらうどんより
天かすうどんの方が好きかも…



はやいもので来週末で新卒プログラムが終わる。

すこしプログラムの方法を変更しようとダイレクターが上層部に働きかけていたアイディアがアプルーブされたので、そのことについて今日少し話があった。

いつかオンコロジーナーシングをやりたい、と私が面接の時から言っていたのを
常にダイレクターは覚えてくれていて
私の為にオンコロジークリニックに話をしておいてくれたりしたのだけど
オンコロジーはメディカルサージカルまたはクリティカルケアの経験が二年は欲しいポジション。
その事もあるので、いずれはオンコロジーに、と言うくらいの気持ちで居たのに
ダイレクターは、今、空きポジションがあるから、入れそうなら入ってもいい、ようなことを言う。

少しとまどっている。
私は、感情移入してしまう自分の弱点を知っているから
オンコロジーで(泣かずに)やって行けるのかどうか少し不安である。
それに
最初の数年はフロアで基礎をみっちり出来るようになっておきたいとも思うし。

オンコロジークリニックに行くと、普通のコースからは外れる。
私以外の三人は、CCUや救急室を目指しているので、ACLSをとる為に
この先数ヶ月でリズムのクラスを受けてもらう、と言われていたが、私はオンコロジークリニックにいくならば除外なんである。

新卒のこの時期には、
自分の行き先を狭めてしまうのはまだ早いんじゃないかしらね。

先輩方、どう思われますか?
スポンサーサイト