ハッピーバレンタインズデイ

アメリカでは明日なんだけれど
仕事で夜まで帰れないので
一日早く、皆様に
Happy Valentine's Day!!!

Loveの話をすれば
まわりの人々の優しさ、愛情、慈しみを感じずにおられない
ここ数日。
みなさんほんとにありがとうございます。

ゆっくりでいいんだよ、身体に気をつけて、とか
いいもの送ってあげるから新しい住所教えて、とか
いつでもメールでも電話でもして、とか
スカイプしよう、とか
おつかれさま、ゆっくり休んで明日も頑張ってね、とか
暖かくしてお休みを楽しんでね…とか
他にも、たくさん、たくさんの優しさ。

初めての町で独りで、仕事も始まって頭がキリキリの私を
元気づけ、支えてくれようという気持ちがうれしいのです。
そうして励ましてくれるご本人も忙しい人たちなのに、私の為にそうして時間を割いてくださって。

前にも書いた「天使のキャスリーン」からは
小さい字でびっしり手紙の書かれたカードが届き
カボからは、今日ケアパッケージが届いた。

これを幸せと言わずしてなんという?

みなさんからいただいた優しさは、倍返しにします。
形を変えて、わたしが巡りあう患者さん達に手渡します。

だから、皆さんが応援してくださる気持ちが
私を通して、皆さんの知らない所で、
たとえば誰かのおばあちゃんの
ステロイド剤でガサガサの手にいい香りのローションを塗って
幸せな気持ちをあげているかもしれない
と思えば
何だか楽しくなりませんか?



昨日お買い物に行った時に
携帯で撮影
0212030918.jpg
魚や鶏のフライ衣ミックス各種が
専用のコーナーにずらり。
地元NC産ブランドも多い

こういうの、アリゾナやニューヨークには無かった。
南部に来たなあと感じるわ!



ゆうべは夜も更けてからミシンを出してきて
オフィスチェアマットと
キッチンマット自作
P1100338.jpg

P1100339.jpg
青いマットが赤っぽいキッチンとマッチしてないのはご愛嬌。
もともとヨナちゃんのベッド作ろうと思って買ったフランネル生地なんだもん

二枚作って、気を良くして
洗面台前に敷くマットも作っちゃおうかしら〜
と時計を見たら午前1時だった。
ダメじゃん寝なくちゃ!

なんで夜更けからこんな縫い物作業を始めたかと言うと
手縫いで手持ちのスクラブのお直しを始めたその続きに
ミシンを出してしまったのがことの始まり。

スクラブのお直しは、サイズが合っていれば必要ないのだけれど
大きいのばっかり買ってしまった。

この町には
ユニフォーム屋さんなんて無いので
30分以上かけてよその町まで行くか、
またはオンラインで買う事になるのだけれど
オンラインで買うと、比較的安いのが利点、サイズが試せないのが難点。
添付のサイズ表もあまり当てにならないアバウトなアメリカ。

普段のアメリカの服はXSまたはXXSを着ているワタシ
スクラブというものは通常ゆったりフィットだが
ジュニアフィットやらスリムフィットやら
とにかくなんちゃらフィットとか名前がついてるとサイズがそっくり変わったりして、ひとつ大きいSサイズにした方が良い時もある。購入者の意見を参考にして見当をつけるのがいちばん。

今日新たに届いた品物も
そう見込んでSにしてみたら
でかかった。
少なくとも当座着るものは2セット確保してあるので、
自分で縫い縮めるのはやめて返品交換してもらおうっと…
スポンサーサイト