荷造り

お正月、お雑煮だけはこしらえたが
浮かんでいるのはニンジンと三つ葉だけ。

年末に友達が出産した東京の病院では
それはそれは本格的なおせちが連日提供されている。
その写真をフェイスブックで見て
うらやましがっているあたくしでござった。



過去20年ほど
各地を彷徨っているジプシーなあたくし

就職が決まった病院のピアインタビューの時も
履歴書をパラパラやってた若いナースが
「えー、あなたあちこち住んでるね。ニュージーランドにも住んでたの?」 「行きたーい!どうだった?」
なんて聞いてきたので
良い時間稼ぎになり和気あいあいと話す事が出来た。
役に立つ場合もあるのだ。


日本を出てからの引越し回数、通算 
13回目 
となる今回
慣れてるはずなのに、荷造りはノロノロ。
引越しがサクサクできなくなってきたのよね。
いや、積み上げる箱はどんどん増えていくのに
荷物はあまり減ってるように見えないという状況。
必需品じゃないような物から詰めてるからかしら…掛け軸とか(笑)

結局ビートルだけじゃ
なにも生活用品を運べないので
トラック借りる事にした。

P1010873.jpg P1010264.jpg
2010年NYーAZ引越しの旅

前回↑とサイズは同じだが
トラック会社は違うとこから借りる。

荷物は前より少なくなるが、私の車を牽引しようと思うと、最小でもこのサイズになってしまう。

カボも一緒だからね。

今回は急ぐので寄り道してる暇はないけど
せめて楽しい旅にしたいものだよ
スポンサーサイト