長かった。ありがとう。

希望を捨てないで、と
事情を知る皆さんから言ってもらっていたのに
当の自分がドツボループに落ち込み
やさぐれてたわけ、だが

本日ハッキリと結果がでた。

ええと…

仕事、決まりました〜〜〜

ハッキリ書いていなかったが(バレバレだっただろうが)
先々週のハラマキで挑んだ東海岸行きはこの仕事(本命)の二次面接だった。
先週末までにその結果がでると聞かされていたから
ど緊張で待っていたというわけだ。
そんな同じ週に、ほかの病院からもスカイプ面接を受ける事になり
神経すり減らしておったという訳だ。

その本命のほうの仕事オファーを頂き
2月から東海岸で看護師になることに。

あ、最初はレジデントだが…
それでもナースはナース!

最初は8週間いろんなユニットを回り、Med Surgで6週間
もう少しオリエンテーションが必要なら更に2週間と
実に14−16週間も受けさせてもらえるなんて
新卒には涙が出るほどありがたいトレーニング。
それを受けてから
どこかのユニットに配属になる。
みっちり鍛えてもらおう。
そして本当のナースになるわ!!

たくさんの人に助けてもらって
成績優秀者の表彰さえ受けて看護学校卒業、免許取得。
それなのに、まさかの就職難。
そして2年。
たくさんの人から応援してもらって、アメリカ中の1000件を軽く越えるポジションに応募し続け、
とうとう、仕事が見つかった。

行きたくない場所でもどこへでも行く気だったし、
何でもやる気でいた。どんな看護でもやらせてもらおうと。

でも、有り難い事に、
採用してくれたこの病院は、「どんな看護でもやる」どころか
きっと、私に最適な病院。
私にふさわしい場所がきっとある、って
友達から励ましてもらっていた
それが、ここだろうと思う。
面接に行った時にそれを感じた。

10月の末に、ネットでたまたま見つけたこの募集。
調べてみたら、自分がやりたい事が出来そうな、相性の合いそうな病院だとわかった。
すぐに応募した。
大抵「考慮外」として即はじかれる私のアプリケーションが
どういうわけか彼らの目に留まり、
11月中旬の教育担当ナース達とのおしゃべりの域を出ない電話インタビューで気に入ってもらえて
最終インタビューに呼ばれ
その多くの応募者の中から「あなたが選ばれたわよ、仕事のオファーをしたいのです」と
今朝、人事から電話があった。

だから、希望は捨てちゃダメなのよ。

みなさん、ありがとう。

これから忙しくなるわよ〜〜
荷造りだ!引越しだ!再び大陸横断だ!

うわ〜〜、もう1月末の契約書サイン&健康診断までのこり一ヶ月切ってるのに、キツい〜!
でも、やる!


P1100107.jpg
お寿司でお祝いしてきた〜〜

ここの寿司シェフのトシさんがつくった
まるもち&あんもちも買うて来た♡

胸を張ってお正月が祝えるわ!!
スポンサーサイト