スーツにハラマキ

東部滞在二日目の本日
P1100072.jpg
お天気はちょっとマシ

気合い十分、睡眠もタップリで挑んだ
旅のメインの用件の日でございました

あたくし胴が長いので
日本のシャツだと短い。
ぱんつに入れても歩くとすぐに出て来る。
ピンで留めるとひっつれて逆にヘンになってくる事もある。

そこで胴長の知恵
ハラマキ!
haramakisuit2.jpg
でシャツをおさえるのがよろしい

…ジャケット脱がないときだけね

このハラマキは何かと便利なポケット付きで
一昨日の夜、機内は寒いだろう、と
このポケットにカイロを入れて空港に行って
セキュリティでとめられた

 身体に何か隠して付けていますね!
 検査しますから、こっちへ。

と言われて初めて
あ…カイロだ!と思い出し
自分で腹をめくって見せたわ

ハラマキ着用でいどんだ用事、終了。
あーーー疲れた!けど、スッキリ。
気分が良かったのでスーツのままで車を走らせ
海辺の、300年近い歴史ある街へ行き
大きなカプチーノを買って、一人で散策。

P1100077.jpg
「odd fellows」ロッジ。 
1837年築

P1100079.jpg
なんとか教会

そんな説明しか出来ないなら書くなって?すみません
いきあたりばったりだったので…

P1100083.jpg
マリーナ

この町、カボが喜びそう。
彼は昔、バイトで船乗りやってた事もあるのだ
(ちなみに大型トラックドライバーもやってたんだよ)



スーツ着替えて夕食に出ようと思ってたけど
ホテルに戻ったらメキシカンワーカー達が
部屋の前の廊下のカーペットはがして修理してて
ドアを開けるのも申し訳なく、出る気喪失。
ま、いいや、お腹空いてないし。紅茶でも飲んどこう。

明日の朝の便でフェニックスへ向かって帰宅する。


スポンサーサイト