くろねこオデット Day#3

☆ ほんなさん、経験からのアドバイス、ありがとうございます。二匹目を救済する事になって最初に浮かんだのはよんちゃんのストレスの事でした。うちのヨナちゃん、こわがりなのに我は強く、プリンスぶったところがあって、よんちゃんと通じる所があるかもしれないし。
これから二匹のねこベッドを交換したりして、匂いで慣れさせていきますね。「時間をかけて、我慢強く」がキーだよ、とシェルターの方からも言われています。二匹のどちらにもストレスにならないよう、人間のとる態度にも気をつけないといけないですね。

☆ moguさん、褒めてもらったよ〜!とオデット嬢につたえときます。彼女、美しいけど鼻息がイノシシ風?にズゴズゴと荒いので見た目とのギャップが。そして食べるときは関西のオバチャン(←私)もびっくりなガッツキぶりで… ヨナちゃんはどこか気取ったとこがあるので、そこらへんうまくやって行けるのか気がかり。仲良くなれたらおもろいコンビになるかも。 
面接のことも応援ありがとうございます♪ 

 ☆ ☆ ☆

幽閉のオデット嬢
IMG_1602.jpg
ヨナちゃんがいるので
シェルターの人の多頭飼いマニュアルに従って
「安全地帯」ゲストベッドルームに
食事、水、トイレとベッドを用意して隔離。
IMG_1600.jpg

三日目の今日は
ベッドをヨナちゃんものと交換

オデット嬢は全然ヘイキで
ヨナちゃんのねこベッドの上に座っているが
ヨナちゃんは
オデットの使ったベッドを寝室で発見して、固まった。
IMG_1607.jpg

ゲストルームのドアの隙間だけでなく
じぶんの寝室にまで他の猫の匂いがすることにショックをうけたよう。
むうーーうううーーーーーと変な声を出した後
しばらく呆然として

やっぱり落ち込んだ。

目も当てられぬガッカリぶり。

3つあったヨナちゃんのベッドのうち
カウチ用のお昼寝ベッド以外は2つともオデットに使わせてしまったので
ヨナちゃんのベッドは、1つしか無くなった。
さあどうしよう。
過保護といわれても
ヨナちゃん溺愛するアタクシ達
カボがヨナちゃんの相手をして庭に出ている間に
あたくし、生地屋さんに走りましたわ

先週買ってカボのヒンシュクをかった
クリスマスねこ柄のフリース
買い足したわ!
さっさと洗って
ちゃっちゃと縫いました
IMG_1604.jpg

こんなときは無職でヨカッタと。(よくねーよ!)
IMG_1608.jpg
まま あたらしいベッドありがとう
スポンサーサイト