10月最後の日。

わー!今日で10月もおわり。

10月は
がんのawareness monthの内ではもっとも知名度がたかいであろう
Breast cancer awareness monthだった。
肝臓がんも10月なんだけど…一般には余り知られてないでしょう。

乳がんにしても、この町では
なんだか今年は去年ほど企業や一般人がピンクピンクと盛り上がってないような気がする。
ジムに行っても、ピンクの乳がんシャツ着てるのはいつも私だけ。
去年の10月にはもっと見たぞ!

周りはともかくとして
私にとっては、乳がんは特別なもので
将来はオンコロジーナースになろうと思ったのも
乳がんを克服した大切な友人がインスパイアしてくれたから。
だから今日も、10月以外も、いまなお看護師として雇ってもらえなくても、ピンクだよ!



ジムの帰りに立ち寄ってしまう私のソフトスポット
ホームセンターのナーサリー。

投げ売りイエロータグの菊が
カートに満杯積まれて
一鉢10セントとかになってて
可哀想すぎ!

菊は秋の気分を盛り上げてくれるし
ハロウィンやサンクスギビングのテーマカラーにもなるんで
初秋にドーッと出て来て
使い捨てのデコレーション感覚なのかもね。

オフシーズンには枯れ枝のようにみすぼらしくなるが
菊は、秋にも、春にも、毎年ちゃんと咲くのに。
IMG_0901.jpg
たとえば、この↑
秋らしいあたたかな色の小菊もいま満開なのだけど
これも去年投げ売り置き場から救済して来たやつなのよ


店ではデッドヘッドもしてあげないまま売れ残った物を積んであり
10セントでも売れてない。

ささやかながら、また救済して来た!
投げ売りの菊3鉢
IMG_0900.jpg
この鉢↑の半分を残し
デッドヘッディングもほぼ完了。
IMG_0898.jpg

同じく投げ売りコーナーから
3ドルの寄せ植えも救済。
IMG_0899.jpg
元値は16ドルちょっと。
これこそ使い捨て目的のようで
大きな植木鉢にそのままリフィル用、として売られている寄せ植え。
時間の無い人には便利なのでしょうが
ちょっと乱れて来たり、一部が枯れたらそっくり取り替えるのは可哀想で
私には出来そうにない。

でもその使い捨て文化のおかげで
こうして乱れて格安になったのを、それに便乗して買って来て
よみがえらせるという楽しみが出来るのだ!

IMG_0902.jpg
カエル君には新たにビオラを植えた
夏を越してへたれて来た
マツバボタンは、抜いて疎開場所(左に見えてるプランター)に植え替えた
スポンサーサイト