Excessive heat warning再び

金曜日には、がんセンターへ行って来た。
6週間ぶり。私がやめる少し前に、バッグの会社baggalliniのデモ/トレーニングを受けたら、その会社の商品を一個だけ、破格の値段で譲ってもらえるとの特典があった。カタログを吟味して、さんざん迷ったあげく、トートを申し込んでおいた。それが届いたという知らせを受けたので、バッグがオフィスの場所塞ぎになっても迷惑だから、早めに行って来た。
P1080713.jpg
勉強道具もラップトップも入る。
大きいのに軽い。
払ったのは卸値より更に安い、市価のほぼ1/4だよ!

バガリーニって、丈夫なのはいいけど
定価はあまりにも高すぎる。
しょせんはナイロン素材なのに…。




カボは7時間ほど電車に乗って昨日プラハに到着。
ポーランド側の鉄道は昔の共産国家らしさを色こく残したもので、たとえばドアが壊れてるのに開けたまま走ってるんだそう。特急なのに!一方、乗り換えたチェコ側の鉄道は断然洗練されてて「EUはこうでなくちゃ」と言う感じだったそう。
懐かしいなー。
ヨーロッパの鉄道の旅って便利で楽しいのだよ。

カボの帰国が迫って来た。
アメリカへの飛行機はいいが、アメリカ国内線の空席状況の雲行きが怪しくなって来たので
フランクフルトからフィラデルフィアに行くのではなくシャーロットに行く事にしたそう。そのためプラハを一日早く切り上げてフランクフルトで一泊することに旅程変更。
ちゃっかりファーストクラスにリストしている。もちろん空席あっての話だけれど。
それでもかかる費用は114ドルのみ!おいしすぎます。



グレープフルーツ
P1080714.jpg
ちょっとやそっとじゃ、減らない。
今日は25個ほどジュースにした。3リットルほど。

木の上にはまだ70−80個は軽くありそう。もっとあるかも〜!


今日はクランキーなヨナちゃん。
ぼくは外へ行きたいです、と伝えたい時にはこの↓ピアノ椅子の上に登る。
P1080715.jpg
出してくださいっていってんのに

でも、暑い時間はダメです!

Excessive heat warning(超高温警報?みたいなの)がでていて
この先一週間、日中は45℃とか46℃とかになるのだ。
6月や7月にもそんな時期があったけどあのころはまだ乾燥してたのでマシだった。
今モンスーン時期なので湿度がすこし高めのため、暑さはより暑く感じられるという訳。

毛皮にくるまれたヨナちゃんはもっと暑いに違いないのだ。

早く秋になってくれ〜〜。
スポンサーサイト